スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
[FU2MF] Point of No Return.. 
続きを読む >>
カテゴリ:World Observation | 21:11 | comments(1) | trackbacks(0) | -
【拡散希望】10/26(土) ジェイ・エピセンター講演会のお知らせ【拡散希望】
毎度告知が遅れて申し訳御座いません!! m(__)m

イスラエル再総選挙により過半数割れ・第二政党に降格したネタニヤフ首相が 辛くも首相指名&42日間の連立交渉権を獲得する中、サウジアラビアの石油施設攻撃により対イラン戦争への緊張が一気に高まり、紅海ではイランのタンカーがミサイルとみられる攻撃を受け爆発、イラン政府はイスラエルによる攻撃を示唆.. 一方、アメリカのシリア撤退宣言からトルコによるシリア侵攻(侵略)が勃発し中東情勢は激化の一途を辿っています。

トルコによるシリア侵攻(侵略)の陰で 拘束されていたIS(=ダーイッシュ)のメンバーらが逃走し、IS(=イスラム国/ダーイッシュ)の復活も危ぶまれていますが、全体の流れを詳細に確認すれば これもN.W.O(新世界秩序)のシナリオの一部であることが読み解けます。

また、世界経済・金融が リーマンショックを超える空前の債券バブルを抱え「崩壊フラグ」が立ちまくる中、ドル基軸通貨体制の本拠地アメリカでは今回のトランプ大統領の軍事的判断及びバイデン元副大統領に絡む弾劾騒動で国内世論は分断。民主党による(お粗末な)波状攻撃も予測されており、このまま突き進めば内米国内戦も危惧されており、全ての局面は予断を許さぬ展開を迎えています...

MSM(メイン・ストリーム・メディア)のニュースでは理解の難しい中東情勢の裏側とNEXTステージに突入したNWO(新世界秩序)の深相を、台頭するシオニズム国家イスラエルの果たす役割と世界中で進行する数々の事象のオーケストレーション分析を中心に、『激動する世界!!』と題し 真相論の立場から読み解く勉強会の第8弾!!

非常に重要な分析を含んでいますので、ご関心のある方は 是非足をお運びください!!

★ 参加予約は..↓ ↓ ↓ こちらから出来るようになってます。(こくちーずプロ)
https://www.kokuchpro.com/event/cb36ea429fcfb2f9697638fa10909177/



==========================

日 時:2019年10月26日 (土) 18:30~20:30

場 所:ONE DAY OFFICE TOKYO 〜代々木〜
    東京都渋谷区代々木 1-38-7 川本ビル 4F会議室 I (⬅︎今回は4Fです)

交 通:JR代々木駅西口 /
    都営大江戸線 A1・A2出口から徒歩30秒

参加費:メール事前予約:2,500円
    当日:3,000円
    学生:1,500円 (要学生証)

定 員:35名 + 若干名(イスあり)

==========================

NEW WORLD VISION 勉強会Vol.24にご出席希望の方は
↓ ↓ ↓ ..こちらから参加予約出来るようになってます。(こくちーずプロ)
https://www.kokuchpro.com/event/cb36ea429fcfb2f9697638fa10909177/

宜しくお願い致します!!
カテゴリ:World Observation | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
【拡散希望】9/29(日) ジェイ・エピセンター講演会のお知らせ【拡散希望】
告知が超遅れて申し訳在りません!! m(__)m

サウジアラビアの石油施設攻撃により対イラン戦争への緊張が一気に高まりましたが、同時にイスラエルでは連立政権の崩壊から 10年にわたり君臨してきたネタニヤフ・リクード政権が再総選挙で敗れ、ガンツ元参謀総長率いる中道左派連合政党「青と白」が第一党に躍進、大連立も叫ばれる中 イスラエル議会(クネセト)の大政翼賛化が焦点となってきました。 アメリカでは イスラエル・モサド工作員とも言われるD.Cパワーエリート少女買春疑獄の中心人物 ジェフリー・エプスティンの再逮捕から米政界&世界に激震が走っている中、エプスティンの獄中死と事態は予断を許さない展開へ突入しています。



エプスティンの背後に広がるモサドネットワークとその顧客リストに名を連ねる世界のパワーエリート達.. イスラエルのネタニヤフ政権退陣大イスラエル構想の実現に向けて地殻変動を起こす中東情勢.. 約20年にわたる「テロとの戦争」の契機になった911事件の実行犯としてのイスラエルを解き明かした独立系ジャーナリスト クリストファー・ボリンの『SOLVING 9-11』etc.. MSM(メイン・ストリーム・メディア)のニュースでは理解の難しい中東情勢の裏側とNEXTステージに突入したNWO(新世界秩序)の深相を、台頭するシオニズム国家イスラエルの果たす役割を中心に、『今 そこにある危機!!』と題し 真相論の立場から読み解く勉強会の第7弾!!

       

中東と世界で進行するNWO(新世界秩序)のNEXTステージ=目の前に迫った電脳社会構築の実相を 映像を交え分析します。キーワードは.. イスラエルが推し進める電脳支配計画「タルピオット」とは何か? です。

非常に重要な分析を含んでいますので、ご関心のある方は 是非足をお運びください!!

★ 参加予約は..↓ ↓ ↓ こちらから出来るようになってます。(こくちーずプロ)
https://www.kokuchpro.com/event/2ba347d72f060c01fd8773d0e39ed230/



==========================

日 時:2019年9月29日 (日) 17:30~19:30

場 所:ONE DAY OFFICE TOKYO 〜代々木〜
    東京都渋谷区代々木 1-38-7 川本ビル 4F会議室 I (⬅︎今回は4Fです)

交 通:JR代々木駅西口 /
    都営大江戸線 A1・A2出口から徒歩30秒

参加費:メール事前予約:2,500円
    当日:3,000円
    学生:1,500円 (要学生証)

定 員:35名 + 若干名(イスあり)

NEW WORLD VISION 勉強会Vol.23にご出席希望の方は
↓ ↓ ↓ ..こちらから参加予約出来るようになってます。(こくちーずプロ)
https://www.kokuchpro.com/event/2ba347d72f060c01fd8773d0e39ed230/

==========================

宜しくお願い致します!!
カテゴリ:World Observation | 04:37 | comments(3) | trackbacks(0) | -
ドローン攻撃で サウジの石油施設激しく炎上 (9/14/2019)
14日 サウジの重要石油施設にドローン攻撃があり一部生産が止まった。
(イランと関係の深い)イエメンのフーシ派が犯行声明を発表する中、アメリカ・トランプ大統領(とサウジ)はイランの関与を示唆しているが、イラン政府自体は関与を否定。(お粗末な 6月のタンカー攻撃偽旗事件の裏の首謀者とみられていた)対中東対策強硬派のボルトン米安全保障補佐官が更迭され 対イラン交渉が軟化する兆しも見えていた中での事件発生で、中東情勢はまた新たな段階へ突入した形だ。

トランプ・ボルトン・ポンペイオ(国務長官)・ペンス副大統領・クシュナーらトランプ政権を取り巻く主要人物は皆一様にシオニスト(=イスラエル支持者)で、それぞれにネタニヤフ首相らイスラエル右派と繋がりがあるが、 9/17に総選挙を控えたイスラエル(ネタニヤフ政権)自体も内部に不穏な動きを抱えており、カウンターパートのアメリカ勢もその立ち位置・思惑には微妙に違いがあるようなので、現在起きているこの動向の変化は詳細に診てゆく必要がある。




【9月15日 AFP】サウジアラビアのアブドルアジズ・ビン・サルマン(Abdulaziz bin Salman)エネルギー相は14日、イエメンの反政府武装組織フーシ派(Huthi)の無人機(ドローン)に攻撃された国営石油会社サウジ・アラムコ(Saudi Aramco)の施設2か所での生産が一部停止したと発表した。国営サウジ通信(SPA)が伝えた。

攻撃を受けて生産を停止したのはアブカイク(Abqaiq)とクライス(Khurais)にある2か所の施設で、これにより同国の原油生産の約50%が止まったという。サウジ・アラムコは生産が止まったのは日量570万バレル分に当たると発表した。

サウジ・アラムコのアミン・ナセル(Amin Nasser)最高経営責任者(CEO) は、生産再開に向けた作業が進行中で、2日以内に進捗(しんちょく)状況を報告する予定だと述べた。ナセル氏によると、今回の攻撃で負傷者は出なかった。(c)AFP
https://www.afpbb.com/articles/-/3244543

カテゴリ:World Observation | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
TIME OF THE END...


                 〜 そして、終わりのはじまり.. 〜
続きを読む >>
カテゴリ:終わりのはじまり | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
911事件の実行犯はイスラエルではないのか?!!〜クリストファー・ボリン氏〜
2011年の911事件から18年が経った...
世間(世界)では『911はアメリカ政府の自作自演!!』といった認識が随分浸透してきたようにも思うが、アメリカ・ドル覇権の崩壊を目前に控え、電子通貨覇権・グローバル完全監視世界への移行が迫る今、テロとの戦争』(="テロリスト"という概念の構築・一般化)のきっかけとなり、完全監視社会受け入れ容認へ世界を導いた『911事件』の実態を詳細に調査し その実行犯はイスラエル(モサド)であると解説する中東が専門の独立系調査ジャーナリスト クリストファー・ボリン氏の講演動画は必見である。

『911はアメリカ政府の自作自演!!』とよく言われるが、911事件におけるアメリカ政府の果たした役割は、事件当日の陽動作戦の実行と隠蔽工作 及び その後の世界を巻き込んだ『テロとの戦争』の実施にあるといえる。


 ※ 陽動作戦:自分の本当の意図を敵に誤認させることを目標として計画的に実施される作戦行動



 【拡散】Christopher Bollyn Explains Who REALLY Did 9/11【希望】
         『誰が本当に911をやったのか? 』〜日本語訳
         元動画:https://www.youtube.com/watch?v=wVkCxsQWaDo

(他動画で)他人を槍玉に挙げる翻訳者 japanese truther氏の態度には賛同しかねるが、
氏が翻訳をつけた この『クリストファー・ボリンの911に関する動画』は超重要である。



クリストファー・ボリン氏は、911事件の真相究明が叫ばれていた2006年頃、ブリガムヤング大学のスティーブン・ジョーンズ博士が崩壊したWTCビルのコンクリートの粉塵の中にビル爆破倒壊用に使われたと思われるナノサーマイト(orスーパーサーマイト)という特殊爆薬の痕跡を発見した際、ジョーンズ博士の発表を助け注目を浴びた経緯があり、その後 2010年頃より イスラエル(モサド)実行犯説を裏付ける報告を発表、2012年には『SOLVING 9-11』にまとめられ出版された。 https://www.bollyn.com/






2017年には 書籍『The War on Terror: The Plot to Rule the Middle East』を出版。その後も精力的に活動を続けている。

             


      Youtube:Christopher Bollyn: Making Sense of the War on Terror
       〜 クリストファー・ボリン:テロとの戦争(対テロ戦争)を理解する 〜

 
カテゴリ:World Observation | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -
【拡散希望】7/31(水) ジェイ・エピセンター講演会のお知らせ【拡散希望】
前回(6/30)のNWV勉強会も大盛況で終えることが出来ました。ありがとうございました。

イギリスとイランによるタンカーの拿捕合戦により対イラン戦争への緊張が一気に高まりましたが、同時にアメリカでは モサド工作員とも言われるD.Cパワーエリート少女買春疑獄の中心人物 ジェフリー・エプスティンの再逮捕から米政界に激震が走っている中、エプスティンの自殺未遂(?)と事態は予断を許さない展開へ突入しています。

MSM(メイン・ストリーム・メディア)のニュースでは理解の難しい中東情勢の裏側とNEXTステージに突入したNWO(新世界秩序)の深相を、台頭するシオニズム国家イスラエルの果たす役割を中心に、真相論の立場から読み解く勉強会の第6弾!!

5G & I.o.t (AI.o.t)の脅威について『今 そこにある危機!!』と題し、現在進行中の計画や電磁波兵器等の実態・目の前に迫った電脳社会構築の実相を 映像を交え分析します。キーワードは.. イスラエルが推し進める電脳支配計画「タルピオット」とは何か? です。

非常に重要な分析を含んでいますので、ご関心のある方は 是非足をお運びください!!

★ 参加予約は..↓ ↓ ↓ こちらから出来るようになってます。(こくちーずプロ)
https://www.kokuchpro.com/event/123b914cb1308355a6c608b62fb97e45/



==========================

日 時:2019年7月31日 (水) 18:30~20:30

場 所:ONE DAY OFFICE TOKYO 〜代々木〜
    東京都渋谷区代々木 1-38-7 川本ビル3F 会議室III

交 通:JR代々木駅西口 /
    都営大江戸線 A1・A2出口から徒歩30秒

参加費:メール事前予約:2,500円
    当日:3,000円
    学生:1,500円 (要学生証)

定 員:35名 + 若干名(イスあり)

NEW WORLD VISION 勉強会Vol.22にご出席希望の方は
↓ ↓ ↓ ..こちらから参加予約出来るようになってます。(こくちーずプロ)
https://www.kokuchpro.com/event/123b914cb1308355a6c608b62fb97e45/

==========================

宜しくお願い致します!!
カテゴリ:World Observation | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/30PAGES | >>