<< 英国BBCがイスラエルによるイラン攻撃準備を報道 | main | 感染者数16万人?!! 五輪開催地青島市、原因不明の伝染病蔓延か >>
第2次トンキン湾事件 (ベトナム戦争本格参戦理由)はまったくの捏造だった!!
ベトナム戦争本格参戦と北爆のきっかけ「第2次トンキン湾事件」
〜アメリカ海軍の駆逐艦がベトナムのPTボートに攻撃されたという事件〜は まったくの捏造で
事件そのものが存在しなかったことが 今年始め NSA-米国家安全保障局-によって報告されている!!



   


NSA: “No Attack Happened” in Gulf of Tonkin        2008.1.10

Newly declassified documents have provided more evidence the Johnson administration faked the Gulf of Tonkin incident to escalate the Vietnam War. The alleged 1964 attack on U.S. warships by North Vietnamese was used as a pretext to increase bombing and troop deployments in Vietnam. But a report from the National Security Agency concludes “no attack happened that night.” 
http://www.democracynow.org/2008/1/10/headlines#9


当時ジョンソン大統領の国防長官だったマクナマラ元国防長官は 戦後『間違いだった』と発言。
1995(平成7)年に「北ベトナム軍による二度目の攻撃はなかった」と著書で暴露。
多くの高官や内部関係者が表に出て「あれは企てられた計画で完全な偽証だ」と伝えているという。


   ======================================

    偽証に基づき 計画的に企てられた戦争は

    果たして「間違い」で済まされるものなのだろうか?!!


   ====================================== 

■ トンキン湾事件

1964(昭和39)年8月ベトナム戦争拡大の発端となった事件
1964(昭和39)年1月 アメリカ中央情報局(CIA)は秘密作戦計画34Aにより北ベトナム軍の基地、
補給路への攻撃、レーダー網の攪乱を開始
8月2日 アメリカ海軍はトンキン湾公海上に駆逐艦「マドックス」(USS Maddox DD-731,艦長ハーバート・L・オジェ中佐)を展開 北ベトナム軍魚雷艇3隻が「マドックス」に魚雷攻撃を加える
8月4日 「マドックス」への再度の魚雷攻撃が報告されアメリカ軍はこれを口実に北ベトナムを攻撃
空母「タイコンデロガ」(USS Ticonderoga CV-14)艦載機が北ベトナム沿岸の魚雷艇基地を空襲した
8月7日 連邦議会は事実上の宣戦布告となる「トンキン湾決議」を採択し、報復攻撃にゴー・サインを出したリンドン・ジョンソン大統領の演説を承認

現在では8月4日の北ベトナム軍の攻撃はなかったとする説が有力
http://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/dic/to/tonkinwa.html

■ 超大国がゆらぎはじめた
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/6063/vietnum.htm
カテゴリ:戦争 -War- | 01:14 | comments(1) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 01:14 | - | - | -
コメント
ナチのでっち上げ事件として共産党による国会議事堂の爆破、911の貿易センタービル崩壊のアメリカ軍産複合体による自作自演、何時の世も巨大権力は汚い手を使うことにていこうはないのだろうか。
| 降臨 | 2011/11/04 7:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/101
トラックバック