<< 全米に広がる巨大強制収容所 〜FEMA CONCENTRATION CAMPS〜 | main | 鳥インフルエンザに関するデッチ上げの実態 〜 Bird Flu Hoax 〜 >>
オバマ政権を操る男 〜ズビグニュー・ブレジンスキー〜 への警鐘
著名な歴史家であり、『オバマ 危険な正体 〜Obama, The Postmodern Coup.〜』で
今まさに旬のオバマ大統領の危険性を訴え、全世界に警鐘を鳴らすウェブスター・G・タープレイ
貴重なインタビュー映像。
     

オバマ政権を操る米政界の重鎮ズビグニュー・ブレジンスキーについて非常に鋭い分析を見せています。

  ■ The men behind Barack Obama part 1
  


  ■ The men behind Barack Obama part 2
  

    ▲ この分析は、非常に重要な指摘を多く含んでいます。


      ◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇     
 
ズビグニュー・ブレジンスキー
ズビグネフ・ブレジンスキー(ズビグニェフ・ブジェジニスキ)(Zbigniew Kazimierz Brzeziński, 1928年3月28日 - )は、ポーランド出身の政治学者、戦略家。カーター政権時の国家安全保障担当大統領補佐官外交問題評議会(CFR)メンバービルダーバーガー(日米欧)三極委員会の創設・民主党のアドバイザー・ハト派の多い民主党の中では異色のタカ派、戦略国際問題研究所(CSIS)顧問ヘンリー・キッシンジャー(共和党系)との交流者。オバマ政権の事実上の最高顧問。 ※ 国家安全保障会議 =NSC

          
          Zbigniew Brzenzinski

ブレジンスキーは、カーター政権下の国家安全保障会議顧問・『文明の衝突』の著者としても知られるサミュエル・ハンティントンとともに、連邦緊急事態管理庁(FEMA)の創設者である。(カーター政権下-1979年-)

日本に対しては属国意識を持ち、日本を米国の被保護国と呼ぶ。日本がアジアの大国になることは「不可能」であり、日本はひたすら経済成長に力を注ぎ、その経済力を国際社会に寄附し使ってもらう存在になるべきだと説く。 (←Wikiの解説ですが、出典が示されていない情報です)

つづきは↓こちらから..
 
911事件におけるチェイニー元米副大統領の関与(共同謀議)について告発した『ルビコン川を超えて』("Crossing the Rubicon")の著者で、かつてCIAの麻薬取引を告発した元ロサンゼルス市警麻薬捜査官、解雇後の現在はFTW発行人兼編集者 マイク・ルパート(Michael C. Ruppert)によるブレジンスキー分析。

   ■ Who is Zbigniew Brzezinski? Obama's Adviser
  

    ▲ この分析は、非常に重要な指摘を多く含んでいます。


              


      ◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇  


  ■ Brzezinski on CFR, Bilderberg, and Trilateral Commission
  
  Interview on C-SPAN's Q & A on March 27, 2007


  ■ Obama lied about contacts with Brzezinski before OH primary
  
 

UPDATE:05/12 -------------------------------------------------------------------


  ■ Barack Obama, Zbigniew Brzezinski and Al Qaeda
  


 ■ The Grand Chessboard
 


 
 

 
カテゴリ:World Observation | 08:16 | comments(3) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 08:16 | - | - | -
コメント
御世話様です。ベンジャミンさんの会合やワールドフォーラムの会合で時折お会いする吉野と申します。
FEMA及び、日本の下部組織につきましては、当方は大変問題視しているのです。
ただ、例えば独立党でFEMAについて質問すると「FEMAなんぞ存在しない」ということになってしまいます。
FEMA及び日本の下部組織による権力乱用が刻々と迫っていると当方は見ていますが、もう少しFEMAにつきまして情報拡散するなにかよい方法はないものでしょうか。
| 123 | 2009/03/23 4:21 PM |
どうも、お久しぶりです。

FEMAは 勿論 存在しますよ。アメリカ政府の重要な機関ですから。
(FEMAは、非常事態時におけるアメリカの【国体】の最後の砦と位置付けられているようです)

また、カトリーナ被災の時は、到着しておきながら何もしなくてアメリカ中から批難の嵐が沸き起こりましたし(実際にしたことは 暴動を未然に防ぐための?拳銃狩りだったそうな...)、2005年の民主党のマニュフェストにも「日本版FEMA (危機管理庁)を作る」とハッキリ書いてあった程です。

http://72.14.235.132/search?q=cache:TrhqnZ9J2j4J:gsnight.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/blosxom.cgi/seiji/ks050817_2.htm+民主党 マニュフェスト 危機管理庁&cd=1&hl=ja&ct=clnk&client=safari


基本的なこととして・・・

■ FEMA (Federal Emergency Management Agency) のホームページ www.fema.gov/
http://www.google.com/search?hl=ja&client=safari&rls=ja-jp&q=Federal+Emergency+Management+Agency&btnG (←ここのトップです)

上記アドレスの.gov は 米政府機関専用のドメインです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/.gov

ブッシュ政権時の2003年3月以降は、国土安全保障省(DHS)の傘下になりマークもDHSのものに統合されましたが、勿論 FEMAとしても存在しています。

「FEMAが存在しない」というのは、国土安全保障省(DHS)の動向の方がより重要(危険)だ という意味でしょうか?それならまだわかる話ですが、単純に存在しないというのは理解に苦しみます。

大統領令により数々の指揮権が規定されていることは、前のエントリーに書いた通りです。

また、911に関しても、FEMAは前日にNYに到着していて問題になっていましたよね。
http://whatreallyhappened.com/WRHARTICLES/fematape.html
http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoID=1206588078

また、911におけるテロマニュアルとして有名な↓この図柄はFEMAの出版物の表紙です。
http://whatreallyhappened.com/IMAGES/wtc_target1999.gif
| NEO | 2009/03/23 8:39 PM |
ごぶさたしちゃってます^^

右翼を見ると色々思い出してしまう母です。

残念ながら動画の英語がわからないので肝心な部分がわからないです。

ところでpigいんふる怪しくないですか?

1か月位前に読んだ月刊ムー増刊号の女の予言者が言ってた、

「ラボで作られた恐ろしい人口ウィルスが日本に人為的にまかれる。
ウィルステロのようだ。試験管に入って、空港など人が多い所で。
これによっていろんな所でたくさん人が死ぬ」

ってやつが超当たった〜〜〜!って思って。

そーじゃなくても、この静かで急速的な拡がり方もおかしいし、
差し止め方も甘すぎて、「早く死ねゴイムめ!」って感じかよwって
笑いました。

あ あとエイズウィルス入りの血液製剤出した会社から
撮りいんふる入りのインフルエンザワクチン出てましたね。

流行ってた頃、「トリはいってんじゃね〜の?w」って
思いもちろん接種しなかったですけど。
(NEOさんのご教授の賜物ですねw)

もうバビロンポンプはぜんぶパスりますよ。。。
| Bx2 | 2009/04/27 8:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/122
トラックバック