<< EU大統領の誕生:EUが国家になってゆく | main | 韓国哨戒艦沈没-韓国調査団 北の魚雷攻撃と断定!! 南北間の緊張高まる! >>
【戒厳令への序章】オバマ大統領-州知事評議会創設-軍事独裁大統領令にサイン
これも少々時間が経ったが 先月.. 1/11、アメリカ合衆国大統領 バラク・フセイン・オバマが
州知事評議会創設に関する大統領令(EXECUTIVE ORDER-13528)
サイン
した。
( 州知事評議会 = "Council of Governors" )

         

「州知事評議会」と聞いて、単純に 連邦政府と州知事による連絡機関かと思いきや...

この オバマ大統領によって選ばれる民主・共和両党各5名ずつ
からなる計10名のアメリカ州知事評議会
を統括するのは・・・

 ●『米国国防長官』をトップに据え、更に..
 ●『国土安全保障長官』
 ●『国土安全保障とテロ対策のための大統領補佐官』
 ●『政府間と国内問題のための大統領補佐官』
 ●『本土防衛と米州セキュリティ問題のための副国防長官』
 ●『米北方面司令部司令官』
 ●『沿岸警備隊指揮官』
 ●『国家警備隊局のチーフ』


..と、米国軍隊と情報部によって率いられており、
これは 非常事態(戒厳令下)における軍事統制機関の創設としかいいようがない。

アメリカの国家非常事態(戒厳令下)における国内暴動鎮圧には
FEMA(緊急事態管理庁)が用意されているが、
このFEMA(緊急事態管理庁)が所属するのは、上記 国土安全保障省(DHS)である。

   

以下が THE WHITE HOUSE(ホワイトハウス)公式HPに公開された実際の大統領令である。

 
 http://www.whitehouse.gov/ (こういった書類を見に行く場合は自己責任で)

    

    

    
    http://www.whitehouse.gov/sites/ (こういった書類を見に行く場合は自己責任で)

ホワイトハウス事務局:報道官より  2010年1月11日

大統領命令−知事議会の設立ー

アメリカ合衆国の憲法と法律により大統領として私は、2008(公法110-181)の国防認可条例の第1822節を含め、さらに、我々の国とその人々と所有物を保護するためにさらに連邦政府と州政府間の協力関係を強化し、この命令を授かった権威者によって、それは以下の通りにここに命じられます....etc


     

※ つまりは、オバマの息のかかった議会員により国の全権限を握られる。

<一部引用:ロストワールド「オバマが独裁厳戒令計画に『サイン・イン』」>
http://higasinoko-tan.seesaa.net/article/138321151.html

上記FEMA(緊急事態管理庁)は、
米国内に多数用意されている(空の)強制収容所を統括管理する(作った)機関である。


■ 全米に広がる巨大強制収容所 〜FEMA CONCENTRATION CAMPS〜
 http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=120

また、"10人の"州知事 ということだが、このFEMA(緊急事態管理庁)には 非常事態(内乱時)における
Regional Operations (分割統治計画)があり、そのアメリカ全土の分割数が "10"で一致する。


  

以下が 実際のFEMA公式HPにおける”Regional Operations”である。

  
  http://www.fema.gov/about/regions/index.shtm (こういった書類を見に行く場合は自己責任で)

以下のドキュメントで 民衆弾圧に突き進むアメリカの実態を確認することができるだろう。(2008)


米経済(世界経済)の崩壊による
アメリカ軍事独裁化(民主主義の消滅)は着実に その歩みを進めている。


<関連情報>
■ 米連邦議会下院で開かれた『秘密会議』-3/13-2008 について
  http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=105




つづきは↓こちらから..
日本で報道されない「大統領令」の驚くべき中身

堀田佳男の「オバマの通信簿」【28】 PRESIDENT Online

1月11日、オバマ大統領はある「大統領令」に署名した。内容は「知事評議会の設立(EO13528)」というもので、タイトルだけを見ると地味である。

文=堀田佳男

毎日さまざまなニュースが各方面から発信されるが、大手メディアが拾わないものがある。ニュースの重要度が低いというわけではない。大手メディアが喫緊のニュースに時間とエネルギーをとられることで、抜け落ちるのだ。

1月11日、オバマ大統領はある「大統領令(Executive Order)」に署名した。私が日本の主要メディアを見聞きする限り、この大統領令を扱った報道機関はない。

ちなみに、大統領令というのは大統領の一存で国内外のコト・モノを動かせる特権的な行政権のことだ。民主主義の国であっても議会の立法過程や承認を経ずに、文字通り鶴の一声で決められる。

大統領令の内容によっては議会や市民団体からの反発を招くこともある。だが多くの場合、大統領令はそのまま施行される。日本では天皇の勅令に相当するが、首相に同様の権限は与えられていない。

たとえば、アメリカ政府は60年代のキューバ危機やベトナム戦争の最中に外国要人の暗殺を事実上認めていたが、フォード大統領は76年2月に大統領令を出して一切の暗殺禁止を命じた。こうした行政命令が大統領の判断だけで決められていく。

前置きが長くなった。

オバマ大統領が1月に署名した大統領令はオバマ政権発足以来39本目だった。内容は「知事評議会の設立(EO13528)」というもので、タイトルだけを見ると地味である。日本のメディアが拾わないわけである。けれども、知事評議会という名前からは想像もつかない内容が盛り込まれており、関係者に大きなインパクトを与えた。

実はこれまで戦争や紛争などに出動していた米軍を、大統領の監視下で国内でも自由に配置・出動できる決定をくだしたのだ。アメリカは連邦政府と州政府の境界がはっきりしており、多くの知事や市民は軍隊が州内の諸事に関与することに反対している。

日本でも、戦時下でない時に制服を着た自衛隊がそこかしこにいたら、威圧感を感じることだろう。昨夏の州知事会でもこの議案は却下されている。

これまで米軍は、対外的な脅威に対して出動する軍隊という見方が一般的だった。国内の治安については州兵や警察が対応するという不文律があった。南北戦争後にできた民警団法という法律は、まさしくその不文律を規定しており、陸軍や空軍を国内で使用することを違法とした。

それが今世紀に入ってから災害の復興支援やテロ対策といった分野で、国内における軍隊の出動が求められるようになってきた。しかし、アメリカ国内ではこれまで何年も議論されてきた内容で、大統領の一存で簡単に決められる問題ではない。

この分野に詳しい弁護士のマシュー・ハマンド氏は、

「軍隊と警察は明らかに違う役割を担っています。国内で軍隊が配備されると、警察との境界があいまいになって軍隊のシビリアンコントロールを崩壊させかねません。そうなると米軍の機能にもダメージを与えかねないし、軍隊そのものの任務に支障をきたしかねません」

と、今回の大統領令に異をとなえる。

実際に発令された「知事評議会の設立(EO13528)」を入手して読んでみた。

A4で3ページの長さで、5節に分かれている。冒頭には合衆国憲法のもとで保障された大統領の特権として発令する、とある。そして連邦政府と州政府の連携を深めるための大統領令であると冒頭に記されている。

連携を深めるという目的で、オバマ大統領はまず知事評議会という組織をつくった。自らが全米50州の中から10州の知事を選択し、国防長官や国土安全保障長官といった連邦政府高官も組織に含める。

つまり、知事評議会という組織を通して連邦政府と州政府による国防の一体化を図るつもりなのだ。二者を「シンクロ」させることが真意と受けとれる。その中の目玉が「米軍の国内配備」なのである。

大手メディアもほとんど報道していないが、アメリカの一般市民からは反対意見がブログやツイッターなどで数多くだされている。

その一つにはこうある。

「アメリカ大統領は米軍の最高司令官である。今回の大統領令はこれまでの大統領の権限の枠を超えることになりかねない。権力の乱用という点に市民はつねに気をつかわなくてはいけない」

別のブロガーも批判している。

「これほど重要な案件を大統領の一存だけで決めてしまうことは民主主義の冒とくです。大統領令は発令後すぐに効力を持たせられる点で貴重である一方、独善的な政治力を発揮することになりかねません。議会で法案として提出し、十分に議論を重ねてから決めるべきでしょう」

1月に発令された「知事評議会」の設立は、名前からは想像もつかない内容が含まれていた。市民が反対意見を出しても、この大統領令はそのまま生かされるだろう。

民主主義の世界であっても大統領令という特権によって、上からモノが決まってしまう現実を見せつけられた思いだ。

http://president.jp.reuters.com/article/2010/02/05/59FBF0DC-1221-11DF-8D2E-14193F99CD51.php
カテゴリ:World Observation | 05:59 | comments(5) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 05:59 | - | - | -
コメント
久方ぶりの本ブログでの展開、鋭い考察等々、嬉しく思っております。
(ちょくちょく見に来てはいたのですが、ワールドフォーラムは翌日の書き込みに気づき残念でありました。mixyのブログも知らなかったもんで、、)
以前と同様、いろいろ考える切っ掛けをいただきに来させていただきます。
時間できたらまたDに行きますよ。
| n-pyon | 2010/02/13 1:52 AM |
どうも、お久しぶりです。
実は、2月27日にも第二弾を 同じく北沢タウンホールでやることになりました。
(4時間ぶっ通しで話したんですが、全く時間が足りませんでした。..^^; )

次回は、解説ではなく 分析をやりたいと思います。
近々告知します。
宜しくw

↓息抜きにどうぞw  (笑えますョ^^)
■ 総統は金融危機に大変お怒りのようです
http://www.youtube.com/watch?v=0WCLZbFhp_8
http://www.youtube.com/watch?v=9BkgmhZ0hw0
| NEO | 2010/02/14 7:37 AM |
飛んできちゃいました(汗)

非常に興味深く、分かりやすいです。

物騒な世の中になりましたが
今後ともよろしくお願い致します。

| 東洸 | 2010/02/18 3:17 PM |
こうした米国ファシスト警察国家化の深まりの過程で、
他方ではこの過程は、ドル崩壊、米国経済崩壊、USA脱退と6ヵ国への分裂によるUSAの消滅へ向かっている。

http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/67.html
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/70.html
| たつまき | 2010/02/21 11:58 PM |
>東洸さん
お返事が遅くなってスミマセンでした。

投稿記事.. 参考にさせて頂いてます。^^;
こちらこそよろしく。

本当に物騒な世の中になってきましたね。

>たつまきさん
あの、宇宙ブロックス管理界ってなんなんでしょう? ..^^;
| NEO | 2010/05/24 8:11 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/151
トラックバック