<< 『爆発はなかった 魚雷もなかった』-天安号沈没事件民間調査員の訴え- | main | 親日国トルコ:トルコと日本の " 絆 " を再確認!! >>
【天安号沈没事件】韓国:米国物理学者「天安艦は座礁か衝突で沈没」!!?
韓国の哨戒艦天安の沈没事故について、韓国政府の発表した分析内容に異を唱える物理学者の記事があがってきたようなので載せておく。

引用開始:ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米国物理学教授、「天安艦は座礁か衝突で沈没」

「合調団発表のとおりなら天安艦はばらばらになるはず」

                             ホン・ソンマン記者2010.05.28 11:21

韓国出身の米国物理学教授が、天安艦は座礁や衝突で沈没したのであって爆発 と考えるのは難しいと政府の発表を否定したことで関心を集めている。

米国ジョーンズホプキンス大のソ・ジェジョン物理学教授は5月28日、[平和放送・開かれた世界の今日]とのインタビューで、「(天安艦沈没の原因は) 爆発かもしれず、座礁、衝突。その3つ程度に分けられる」とし「外部爆発の痕跡もなく、内部爆発の痕跡もなく、当然接触爆発の痕跡もない。爆発は排除すべきだろうし、では残る原因は座礁と衝突になる」と主張した。

また「その部分(座礁や衝突)を確認するには、天安艦の航跡と位置さえ確認すれば良い」とし「その部分が非公開なので、天安艦が座礁したのか衝突したのか、現在のところ確認ができない」とし、航跡記録の公開を要求した。

ソ教授は魚雷が爆発すれば破片、衝撃波、バブル効果が生じるとし、合調団の調査結果発表に細かく反論した。

魚雷の破片はどこにあるのか?

まず 破片に対して「合調団では破片の部分はまったく言及もしなかった」とし 「もし合調団の発表の通り200kg以上の大量の爆薬が爆発したのなら、天安艦の 随所に破片が刺さり、その痕跡が発見されなければならない。それが発見され ないのなら、果たして合調団が発表したような爆発があったのかという根源的 な疑問がもちあがる」と主張した。

また「破片が四方に飛び、目標にした艦艇に何か穴をあけて被害を与えるよう にデザインされているのが常識」とし「魚雷が爆発して艦艇が沈没したという が、当の艦艇の船体には穴がなく破片がないのは理解できない」と述べた。

ソ教授は軍当局が決定的証拠と言う魚雷の残骸にも同じ疑問を提起した。「魚 雷の残骸、推進体のプロペラを水中の海底から見つけたと発表した。大きな鉄 の塊が発見されるほどならそれと同時に破片は数千、数万点が一緒に出てくる の普通」とし、「ところがなぜ大きな鉄の塊の推進体だけがぽつりと発見され、 その周囲で共に発見されるはずの金属片、破片は出てこないのか、理解が難し い」と疑問を提起した。

衝撃波は家屋崩壊の1000倍...天安艦は強くつぶされる

衝撃波に関しても「250kg程度の魚雷が6mの距離で爆破したら..接触面に加えら れる圧力は少なくとも5000PSI程度になる」とし「一般家屋などなら5PSI程度で そのまま崩れるが、その1000倍もの圧力が加えられた」と分析した。

「250kgの魚雷が6m程度の距離で爆発すれば、天安艦はほとんど崩壊する」とし 「合調団が公開した写真には切断面がとてもきれいで、衝撃波でできるような 切断面とは全く違う」と説明した。

バブル効果は迷信

バブル効果には一種の迷信だと断言した。「バブル効果で艦艇が半壊したので はなく、90%は衝撃波で艦艇が破壊された」と説明した。

「250kgの爆薬が約6m〜9mで爆発すれば、どの程度のバブル効果になるかを調べたところ、30bar程度だった」とし「家庭で使うエスプレッソコーヒーマシンも 15bar程度で、その2倍、多くても4倍〜5倍程度だが、そんな圧力で天安艦が真っ二つになるということはありえない」と述べた。

結論としてソ教授は「バブル効果では天安艦のような軍艦が切断されることはなく、またその程度のバブル効果を上げるためにもし250kgの爆薬が爆発したとすれば、途方もない衝撃波が発生して天安艦が粉々になるはずだが、そんな痕跡は全くない」と伝えた。

合調団発表の通りなら天安艦は粉々

ソ教授は合調団の調査結果にも疑問を提起した。

「車の事故でも外部の衝突か、内部の爆発か、まずそれを確認し、もし衝突で事故がおきたのなら、なぜ、何が衝突したのか、これを確認するのが普通」と し「天安艦は爆発の痕跡がないのに爆発体が発見されたというのも理解し難い」と明らかにした。

また「合調団の発表の通りなら、それが正しければ天安艦は粉々になるはずだ」 とし「調査団が公開した写真を見ると、ディーゼル機関室などは内部の状態がきれいで継ぎ目のようなものも全く壊れず、設置された機器も振動の痕跡が全く残っていない。その上スピーカーが一つあるが、それもそのまま残っている」 とし、理解できないと説明した。

同じように「合調団が公開した写真を見ると、弾薬庫の写真もあるが...その写 真を見ると弾薬がとてもきちんと整頓されている」とし、同じ分析をした。

米国、天安艦事態で日本・米国の基地移転問題を解決

米国の反応についても助言を出した。「米国で断定的に『北朝鮮がした』と、 そう言ったというより、『北朝鮮がしたそうだ』、『韓国政府の発表を信頼す る』、このように間接話法を使っている」とし、注意すべきだと忠告した。

米国が韓国の立場を支持するのは、米国の国益によるからだと見た。「今回の 天安艦事件を契機にして、日本政府が屈服した」とし「東北アジア情勢がとて も不安定で難しい時に、こうした問題でもう延せないと言い、米国政府の立場 を尊重する形で立場を整理した」と見た。

米国は韓国政府の調査発表を信じるといいつつ、自分の願む事業の一つと言え る日本の米軍基地問題を解決した側面があると見た。

ソ教授は合調団の発表以後、マスコミに合調団の調査結果に対する科学的な疑問を提起し続けている。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)

引用:レイバーネット:韓国:米国物理学者「天安艦は座礁か衝突で沈没」
http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2010/1275031901749Staff
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ 韓国 民・軍合同調査団 天安艦 沈没事件 調査結果の全文 は エントリー後半で...
つづきは ↓こちら...
まずは 公開された天安号の動画から..

   

   ========================================

"天安艦 沈没原因は北韓製造 250kg 高性能魚雷"

原文入力:2010-05-20午前10:43:04(3129字)

民・軍合同調査団 天安艦 沈没事件 調査結果 発表
"左舷下段部 感応魚雷による強力な水中爆発で船体切断"

   ↓20日国防部大会議室で進行された‘天安艦沈没事件調査結果’発表でユン・トゴン団長が発表している。
   
   YTN画面撮影

天安艦沈没 民・軍合同調査団は20日午前10時、天安艦沈没原因と関連して「北韓で製造した高性能爆薬250kg魚雷と確認された」とし「海底から引き揚げた船体の変形形態と事故海域から回収した証拠物らを調査および分析した結果、天安艦はガスタービン室左舷下段部で感応魚雷の強力な水中爆発により船体が切断され沈没したと判断される」と発表した。 ハンギョレe-ニュースチーム

以下は民・軍合同調査団が発表した天安艦沈没事件調査結果の全文だ

---------------------------------------------

天安艦沈没事件調査結果 (2010年5月20日)

民・軍合同調査団

↓切断面. 艦首切断面左舷


□ 冒頭発言

民軍合同調査団は国内10ヶ専門機関の専門家25人と軍専門家22人、国会推薦専門委員3人、米国 オーストラリア 英国 スウェーデンなど4ヶ国専門家24人が参加した中で科学捜査、爆発類型分析、船体構造管理、情報分析など4分科に分けて調査活動を実施しました。

本日の発表内容は調査団に参加した国内外専門家たちが科学的客観的接近方法を通じた調査活動と検証過程を経て導き出した結果です。

□ 現在まで海底から引き揚げた船体の変形形態と事故海域から回収した証拠物を調査および分析した結果によれば、天安艦はガスタービン室左舷下段部で感応魚雷の強力な水中爆発により船体が切断され沈没したものと判断されます。

□ 沈没原因を魚雷被撃と判断した理由は

○ 船体損傷部位を精密計測し分析してみた時、衝撃波とバブル効果により、船体の竜骨が艦艇建造当時と比較し上側に大きく変形されており、外板は急激に折れ船体には破断された部分がありました。

主甲板はガスタービン室内装備の整備のための大型開口部周囲を中心に破断され、左舷側が上側に大きく変形され、切断されたガスタービン室隔壁は大きく毀損され変形しました。艦首、艦尾の船底が下方から上側に折れていたことも水中爆発があったことを立証します。

○ 艦艇内外部の表面を綿密に調査した結果、

艦艇が左右にひどく揺れることを防止する艦安定器に現れた強力な圧力跡、船底部分の水圧およびバブル跡、熱痕跡がない電線の切断などは水中爆発による強力な衝撃波とバブル効果が艦艇の切断および沈没の原因であることを示します。

○ 生存者とペクリョン島海岸哨兵の陳述内容を分析した結果、生存者らはほとんど同時的な爆発音を1〜2回聴取しており、衝撃で倒れた左舷見視兵の顔に水が飛んだという陳述と、ペクリョン島海岸哨兵が2〜3秒間、高さ約100mの白色閃光柱を観測したという陳述内容などは水中爆発で発生した水柱現象と一致しました。

○ また、死体検案結果、破片傷と火傷の痕跡は発見されず、骨折と裂創等が観察されるなど、衝撃波およびバブル効果の現象と一致しました。

○ 韓国地質資源研究院の地震波と空中音波を分析した結果、地震波は4ヶ所で震度1.5規模で感知され、空中音波は11ヶ所で1.1秒間隔で2回感知されました。

地震波と空中音波は同一爆発源であり、これは水中爆発による衝撃波とバブル効果の現象と一致します。

○ 数回にわたるシミュレーション結果によれば、水深約6〜9メートル、ガスタービン室中央から概略左舷3メートルの位置で総爆発量200〜300kg規模の爆発があったものと判断されました。

○ ペクリョン島近海の潮流を分析した結果、魚雷を活用した攻撃に制限を受けないと判断しました。

○ 沈没海域から魚雷と確証できる決定的な証拠物として魚雷の推進動力部のプロペラを含む推進モーターと操縦装置などを回収しました。

この証拠物は北韓が海外に輸出する目的で配布した魚雷紹介資料の設計図に明示された大きさと形態が一致し、推進部後部分の内側の“1番(1번)”というハングル表記は、我々が確保している北韓の魚雷表記方法とも一致します。このようなすべての証拠は回収した魚雷部品が北韓で製造されたということを確認しました。

○ また、このような結果は一部で持続的に提起されてきた座礁や疲労破壊、衝突、内部爆発とは全く関連がないことを確認しました。

□ 結論的に、

○ 沈没海域から回収去された決定的証拠物と船体の変形形態、関連者らの陳述内容、死体検案結果、地震波および空中音波分析結果、水中爆発のシミュレーション結果、ペクリョン島近海潮流分析結果、収集した魚雷部品らの分析結果に対する国内外専門家たちの意見を総合してみれば、

○ 天安艦は魚雷による水中爆発で発生した衝撃波とバブル効果によって切断されて沈没し、

○ 爆発位置はガスタービン室中央から左舷3m、水深6〜9m程度、

○ 武器体系は北韓で製造した高性能爆薬250kg規模の魚雷と確認されました。

      ↓切断面. 艦首切断面
      

□ 併せて去る5月4日から運営してきた米国、オーストラリア、カナダ、英国など5ヶ国の'多国籍連合情報分析TF'により確認された事実は以下の通りです。

○ 北韓軍はロミオ級潜水艦(1,800トン級) 20隻余り、サメ級潜水艦(300トン級) 40隻余りとサケ級(130トン級)を含む小型潜水艇10隻余りなど計70隻余りを保有しており、今回 天安艦が受けた被害と同じ規模の衝撃を与えることができる総爆発量約200〜300kg規模の直走魚雷、音響および航跡誘導魚雷など多様な性能の魚雷を保有しています。

○ このような事実と事件発生海域の作戦環境などを考慮してみる時、このような作戦環境条件で運用する水中武器体系は小型潜水艦艇と判断されます。また、西海の北韓海軍基地で運用された一部小型潜水艦艇と、これを支援する母船が天安艦攻撃の2〜3日前に西海、北韓海軍基地を離脱し天安艦攻撃2〜3日後に基地に復帰したことが確認されました。

○ また、他の周辺国の潜水艦艇は全て自国のモーゲージまたは、その周辺で活動していたことが確認されました。

○ 5月15日爆発地域近隣ではえ縄漁船により回収された魚雷の部品ら、すなわち各々5ヶの順回転および逆回転プロペラ、推進モーターと操縦装置は北韓が海外に武器を輸出するために作った北韓産武器紹介パンフレットに提示されているCHT-02D魚雷の設計図面と正確に一致します。この魚雷の後部推進体内部から発見された“1番”というハングル表記は、我々が確保しているまた別の北韓産魚雷の表記方法とも一致します。ロシア産魚雷や中国産魚雷はそれぞれ彼らの国の言語で表記します。北韓産CHT-02D魚雷は音響航跡および音響手動追跡方式を使い直径が21インチ,重さが1.7トンで爆発装薬が250Kgに達する重魚雷です。

○ このようなすべての関連事実と秘密資料分析に基づき、天安艦は北韓製魚雷による外部水中爆発の結果で沈没したという結論に到達しました。また、以上の証拠を総合してみる時、この魚雷は北韓の小型潜水艦艇から発射された以外に別に説明することはできません。

原文:http://www.hani.co.kr/arti/politics/defense/421676.html 訳J.S

引用:ハンギョレ・サランバン - "天安艦 沈没原因は北韓製造 250kg 高性能魚雷"
   http://blog.livedoor.jp/hangyoreh/archives/1157002.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、ここで 説明の中でも出てくる魚雷とバブルジェット効果による戦艦撃沈の様子を動画で確認しておきたい。

     

ここでわかる通り・・・
バブルジェット効果なのか 魚雷で撃沈される際 水柱は100m程も跳ね上がるようであるが...
このバブルジェット効果というものと衝撃波とはどう違うのだろう?

     

     

     

     =======================================
          しかし、こんなことが突然起こったならば、
      第一報が「座礁!」というのは 全くおかしな話
である。

     =======================================

 『爆発はなかった 魚雷もなかった』-天安号沈没事件民間調査員の訴え-

    また、船底の引っ掻き傷へし曲がったスクリュー等はどう説明がつくのだろうか?!!
    


また、上記の調査結果の発表に対し、韓国の民間団体「運動圏」(=一般名詞で「運動業界」「進歩派運動陣営」ぐらいの意味らしい) が記者発表をしたと「日朝連絡会」というMLに流れたそうである。

<引用開始>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    【天安号沈没事件の調査結果と発表に対する記者会見文】

李明博政権による天安号沈没事件に対する調査結果を認めることはできない。 軍と李明博政権が20日、天安号沈没事件に対して「北の武力攻撃による挑発」と規定する真相調査結果を発表した。

われわれは、調査内容、調査過程と方向、調査主体など、あらゆる側面から調査の科学性と客観性、透明性と公正性を認めることはできない。以下の通り、われわれの立場を明らかにする。

第一に、われわれは軍が提示する「証拠」を信用することはできない。
軍は、「一番」という文字が書かれた「魚雷のスクリュー」破片を、事故の起こった海域で回収したことを決定的な証拠として挙げている。軍発表の事実関係に対する客観的な検証問題を除外しても、事故海域で北の魚雷のスクリュー破片が発見されたということが、そのまま北が魚雷で天安号を攻撃したという決定的な証拠にはなりえない。なぜなら、それは北側の海域からいくらでも潮の流れによって漂着しうるからだ。北の訓練用軽魚雷が、南海と西海の潮の流れがぶつかる地点で回収されたということは、その可能性を示している。激しく腐食した破片の状態を見ても、それが今回の事故と関係しているとみるのは難しい。こうした点から、軍内部でも慎重論が提起されたという。

天安号の煙突と切断面、海底で発見されたという火薬痕と金属破片も、事故海域が韓国軍の射撃訓練区域一帯という点から、韓国軍や米軍のものではないということが立証されてこそ、証拠の一つとして提示できる。火薬痕は天安号自体の砲煙の可能性も検証されなければならない。しかし軍は、こうした課程を経ていないという。

こうした軍の調査内容は、厳正で科学的な調査とは距離がある。こうした点からわれわれは、客観性と科学性が担保されない調査内容を認めることはできない。

第二に、われわれは軍の調査過程と方向を信用できない。
軍は、天安号沈没事件の真相を明らかにしてくれる核心的で基本的な資料さえ、まつたく公開しなかった。韓国海軍戦術指揮搭載装置(KNTDS)のレーダー映像と裂傷感知装備(TOD)の映像、事件発生前後の航跡記録と交信記録、天安号の切断面、生存者の陳述書などが、まさにそれだ。こうした基礎的な資料さえ公開しない不透明な調査結果発表を、われわれはまったく信用できない。

また、軍は当初から座礁や披露破損などの他の可能性を事実上遮断したまま、ただ外部からの攻撃を立証することだけに没頭した。また、提起される数多くの疑惑と問題提起に対して、説得力ある答弁も反論もできないでいる。むしろ、問題提起する人らを告発し、口に轡(くつわ)をかませようとした。こうした行為は、公正で客観的な調査に反するものだ。

ところが、軍は「決定的証拠」と主張する魚雷のスクリューの破片が発見される前から、天安沈没の原因を北の攻撃と誘導した。また、魚雷攻撃を受けた場所だと軍が示したガスタービン室は、いまだ引き上げられてもいなかった。ところが、軍は魚雷攻撃の可否を判断しうる核心的な船体部位に対する科学的で慎重な調査を行いもせず、調査結果を急いで発表した。コンピューターのシミュレーションもこれを反映できなかったのはもちろんだ。

こうした点からわれわれは、軍が北の攻撃という結論をあらかじめ下しておいて、それに合わせて調査を行ったと見なさざるをえない。したがってわれわれは、調査過程と方向において客観性と公正性を欠如した軍の調査結果を信用できない。

第三に、われわれは調査対象者が調査を主導した結果を信用できない。
軍は、事件発生の責任者であり、事件の隠蔽・歪曲の責任者だ。甚だしくは船体に対する証拠隠滅疑惑まで提起されているのが実情だ。
軍は調査の対象者だ。調査対象者が調査を主導することは、調査の公正性を決定的に破壊する行為だ。調査対象者は、自身の責任を最小化する方向に調査を進める可能性が高いためだ。

こうした点からわれわれは、被告人が検事となってしまった軍の調査結果をけっして認めることはできない。

われわれは、軍と李明博政権が、国民がまったく信頼できない荒唐無稽な調査結果を発表したのは、各自の利害関係が作用したものと見る。軍は、自身に向けられている国民の憤怒をそらして自身の責任を最小化し、李明博政権は「北風」を利用して選挙に有利な局面をつくろうとする意図から、拙速に発表したと見る。さらに李明博政権は、朝鮮半島の非核化と平和協定締結による「反北守旧勢力」の既得権崩壊の危険を、天安号事件を口実に阻もうとしている。

われわれは、李明博政権が天安号事件を北の攻撃と断定したことによって、朝鮮半島に軍事的緊張が高まることを非常に憂慮する。北はすでに李明博政権の調査結果発表を「でっち上げだ」と規定し、検問団を派遣するという立場を明らかにしながら、「どんな制裁に対しても即時全面戦争を含めたさまざまな強硬措置で対応するだろう」と警告している。

また不十分な調査結果発表で国論が分裂し、国際的に自ら恥をさらしはしないか気がかりだ。
したがって、われわれは軍と李明博政権による今日の調査結果発表を認めることができないという点をはっきりと明らかにする。われわれは、天安号事件の真実を知りたいと願う国民と同じように、ありのままの事実を知りたいと願う。
われわれは、KNTDレーダー映像とTOD映像など核心的な資料を公開し、国政調査を含め国民が信頼することのできる主体による全面的再調査を要求する。

われわれは、真実を願う国民とともに天安号事件の客観的で、科学的な真相究明のために、われわれのすべての努力を尽くすだろう。

2010年5月20日

キリスト教社会宣教連帯会議、南北共同宣言実践連帯、労働人権会館、露店労働連帯、農民薬局、民家協良心囚後援会、民族民主烈士犠牲者追慕(記念)団体連帯会議、民族問題研究所、民族自主統一中央協議会、民族和合運動連合、民主労働党、民主労働者全国会議、民主化のための弁護士の集い(民弁)、米軍問題研究委員会・統一委員会、民主化実践家族運動協議会(民家協)、仏教平和連帯、四月革命会、開かれた平和フォーラム、イエスの暮らし、わが民族連邦制統一推進会議、利潤より人間を、全国農民会総連盟(全農)、全国民主労働組合総連盟(民主労総)、全国民主化運動遺家族協議会、全国民主化運動遺家族協議会(社)、全国貧民連合、全国女性農民会総連合、全国女性連帯、全泰壱につづく民主労働研究所、祖国統一汎民族連合南側本部、平和と統一を開く人たち、平和在郷軍人会、統一広場、韓国キリスト教教授協議会、韓国進歩連帯、韓国青年連帯、韓国カトリック農民会、21世紀韓国大学生連合、6・15青年学生連帯


引用:ペガサス・ブログ版 - 韓国の「運動圏」が天安号沈没事件に対する政府発表を批判
   http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2010-05-23
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カテゴリ:NEWS | 13:39 | comments(1) | trackbacks(1) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 13:39 | - | - | -
コメント
Web address (&#50937; &#51452;&#49548;): http://korea.true.ws
or http://www.seoprise.com/board/view.php?table=seoprise_12&uid=157256
Twitter ID (&#53944;&#50948;&#53552; &#50500;&#51060;&#46356;): @letstryreason http://twitter.com/letstryreason
or http://twtkr.com/letstryreason

&#50689;&#50612;&#47700;&#51068;&#47196; &#49464;&#44228;&#50616;&#47200;&#50640;◇&#51340;&#52488;&#47732; &#49324;&#44592;&#51396;【&#50612;&#47280;&#47732; &#51649;&#47924;&#50976;&#44592;&#51396;(&#49688;&#51456;66)
- &#49373;&#44033;&#54644;&#48372;&#51088; 2010/06/10
Questions on the Cheonan Incident and the Power of South Korean Netizens
by Letstryreason

Original: 2010/05/30 version 63(&#49688;&#51456;63)
Updated &#50629;&#45936;&#51060;&#53944;: 2010/06/02,09,10 versions 64~66(&#49688;&#51456;64)~(&#49688;&#51456;66)

Dear English Reader,

A huge number of South Korean citizens of the Internet have been courageously
exercising their democratic power by expressing their doubts about the current
South Korean regime's version of the Cheonan Incident.

Caveat: Under the current South Korean regime, South Korean citizens can be sued
for defamation by their own government officials, and defamation in
South Korea is a crime (as well as a civil offense) prosecuted by the
government's own centrally-controlled national prosecutors
who selectively choose or choose not whom to prosecute.
For example, recently, S.C. Shin, "a civil[ian] investigator
[appointed]recommended by [the South] Korean National Assembly for [the
investigation of] the sinking of Cheonan" got (criminally) sued for defamation by
a government official for expressing disagreement over the current
South Korean regime's version of the Cheonan Incident.

Those huge number of South Korean netizens' writing
| Letstry Reason | 2010/06/11 2:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/160
トラックバック
新聞・テレビが伏せる経緯(北を挑発する米韓)
既に、インターネット上の報道記事では何度も報じられている(一方全国紙や地上波テレビ局は全く報じない)ことですが、今年に入ってからの、朝鮮半島緊張の背景には、韓国政府とアメリカ政府による北朝鮮挑発の結果という一面がある事に注意しておく必要があると思いま
| さとうひろしオフィシャルブログ | 2010/12/12 2:03 AM |