<< 【イギリス炎上!!】拡大するロンドン暴動のゆくえ | main | FOMC 発表:13年半ばまでゼロ金利/QE3に含み >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
『先進国の格付け一覧』を確認しておく
ここで世界の「先進国」の格付け状況を確認しておこう。
S&P社に格下げされたアメリカだが、現状ではフランスも 暴動頻発中のイギリスも"AAA"である。

BBHと大手3社の先進国格付け一覧表 (BBH=ブラウン・ブラザー・ハリマン)

Source: The Big Pictur

イタリアへの危機拡大でクローズアップされるフランスだが、破綻保険(CDS)の保証コストは過去最高に上昇、破綻確率ではアメリカを抜いており、このまま"AAA"で居続けることには矛盾があることがわかる。

フランスとアメリカの破綻保険 (CDS)

Source: Buisiness Insider

仏国債5年物CDSが過去最高、米格下げ受け最上級格付け失うとの懸念強まる

また、最高格付け(AAA)政府発行債の内訳を見ると、
先日"AA+"に格下げされた米国債の閉める割合は 実に6割


最高格付け(AAA)政府発行債の内訳

Source: Business Insider

アメリカ:59%
スランス:9%
イギリス:8%    ===>>> 英・米・仏だけで 計76%


これから来る経済変動が 半端なものではないことがよくわかる。

グラフ引用:アメリカ経済ニュースblog http://uskeizai.com/
=========================================

仏国債5年物CDSが過去最高、米格下げ受け最上級格付け失うとの懸念強まる

[ロンドン 8日 ロイター]

8日の欧州クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、フランス国債の保証コストが上昇し、過去最高水準に達した。

格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)による米国債格下げを受け、他の最上級格付け国も「AAA」格付けを失う可能性があるとの懸念が広がっている。

マークイットのデータによると、フランス国債5年物CDSスプレッドは15.5ベーシスポイント(bp)上昇し、過去最高の160bpをつけた。

BBHのアナリストはノートで、米格下げを受け、他の最上級格付け国の格下げの可能性が高まったとし、「緊張が広がるにつれ、フランスがAAA格付けを失うリスクが高まっている」と述べた

同日付仏紙リベラシオンによると、S&P関係者はインタビューで、フランスの格付けは「AAA」、見通しは「ステーブル」と述べた。

http://jp.reuters.com/article/wtBusinessNews/idJPJAPAN-22600220110808?feedType=RSS&feedName=wtBusinessNews

=========================================
カテゴリ:World Observation | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 22:16 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/213
トラックバック