<< Illegal Active Denial System - 別名:PAIN RAY -激痛光線- | main | 市場(世界経済)は「新たな より危険な段階に入った」と警鐘=ゼーリック世銀総裁 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
【IMF主導権争い】仏当局・ラガルド 新IMF専務理事の捜査開始
なにやらキナ臭い展開だった前ストロスカーン専務理事のお色気茶番劇以降も



IMF専務理事の席をめぐり 暗闘は続いているようである。。




ただ、これらは成り行きを見ていればいいだけであり、
基本的に茶番劇である。


私は、この経済混乱のルーラーは別にいると視ています。

==========================================

■ 仏当局、ラガルドIMF専務理事の捜査開始 2011.8.4 23:30

           
           IMFのラガルド専務理事(ロイター)

フランスの閣僚の犯罪を扱う共和国法院は4日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事が仏経済・財政・雇用相時代に仏実業家と旧国営銀行との係争事件で職権を乱用したとされる疑惑について、捜査の開始が妥当との判断を示した。これを受け、仏検察当局は同氏に対し、文書偽造と公的資産横領の共犯の疑いで捜査すると発表した。

同氏の弁護士は、「IMFの仕事とは別物」と述べ、事態がすぐには同氏の辞任問題に発展することはないとの見通しを強調した。こうした事件の裁判では、結審までに通常、数年かかるとされる。
(パリ 山口昌子)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110804/erp11080423330007-n1.htm
===========================================

      
カテゴリ:NEWS | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 08:30 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/219
トラックバック