<< 真相JAPAN 掲載『崩壊する世界秩序を超える逞しい生き方』ジェイ・エピセンター | main | 【STOP!TPP 】重要なポイント!! 国民は 高市早苗議員の正論を知っておくべき!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
【R.I.P.】英雄か独裁者か?!!「アラブの暴れん坊」“砂漠の狂犬” ガダフィの真実
▶ 10/29(土)『 崩壊する世界秩序と日本の未来 ②:国への処方箋 』
NWV勉強会 Vol.5
 http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=230
ーーーーーーーーーーーーーー↑ ↑ ↑ ↑ お知らせ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


「アラブの暴れん坊」“砂漠の狂犬”と呼ばれながら、

世界一の極貧国の生活を最高水準にまで引き上げた男 ガダフィ GADDAFI

常に.. 西側諸国への"防波堤"として立ち回り

現在の 世界経済・金融システム崩壊 に際しても 

いち早く統一アフリカ【金本位制】導入へと

精力的に活動していた矢先の” 殺 害 ”であった・・・





   

   

   

さて、つまり.. 国連 とアメリカ(オバマ)と
NATO軍(サルコジ&キャメロンetc..)のやったこととは・・・↓ ↓ ↓ ↓



===============================================

  殺戮 & 略奪!そして「国家の乗っ取り」

                             ...ただ それだけである。


===============================================



本当に これが

長年にわたる圧政を敷いた独裁者からの

解放・民主化運動だったなどと言えるのであろうか?

日本のメディア報道からは

まったく 伺い知ることも出来ない・・「独裁者」の死 の真実



  




         R.I.P. the Brother Leader not Big Brother

  
==============================================


   
   ( ※ 1:27~「金槌(軍事力)しか持ってないものだから 問題はなんでも"釘"に見立てたがるのでしょう」)
 
   ※ 以下の2映像には残酷なシーンがあります_心臓の弱い方はご遠慮下さい
   

   


我々は 気の狂った.. いや 「狂気」そのものが..

今 そこにあることを深く認識すべきである!


なぜなら、我々(日本人)も連中のターゲットだからだ

略奪の方法は なにも暴力(戦争)だけではない


日本は世界から この非常事態の下...

キャッシュを貯め込んだ"ブタの貯金箱" だと認識されています



おまけ..


   



                


               


        TPPは 参加した段階で

        不可逆的な【主権の喪失】を招きます!


        未曾有の大震災と放射能問題

        国民が 強烈なショック状態にあるこの時期..

        【国体】にかかわる問題を

        十分な説明・議論国民の理解もないまま

        決定すべきではありません!


        国が滅びます



   

   


====================

さて、、

遺体が放置され晒されているとの情報があったので
  多分.. ガダフィの死は"事実"だと思われますが...


10月24日、リビアを暫定統治する国民評議会の関係者は、20日に死亡した元最高指導者カダフィ大佐の遺体を25日に埋葬すると明らかにした。写真はミスラタの遺体公開場所で列をつくる市民ら(2011年 ロイター/Thaier al-Sudani)

それ以外の可能性については・・・


こちらから... ↓ ↓ ↓ ↓    
COMING SOON!!w
カテゴリ:World Observation | 10:04 | comments(1) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 10:04 | - | - | -
コメント
http://www.saharamarocain.net
このサイトはサハラ砂漠について紹介しているサイトです。
サハラ砂漠というのは、環境破壊の象徴的なものになっています。
サハラ砂漠を知ることで環境の事を考えましょう。
| SAHARA | 2012/06/11 3:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/232
トラックバック