<< 【ケムトレイル重要映像!! 】『世界中で 一体 何を撒いているんだ?!! 』【健康被害】 | main | 【警鐘】シェリー・テンペニー博士~少年達に危険な子宮頸癌ワクチン強制【備忘録】 >>
【世界経済崩壊】「怒りと屈辱に震えるギリシャ国民」は 明日の日本人だ
欧州首脳とギリシャ国民との板挟みに お手上げ状態になったギリシャのパパンドレウ首相が、遂に EUの支援策受け入れの是非を無謀な国民投票(絶対NO!)に託そうとしたのもつかの間... それも思いとどめられ、他の政治家に丸投げの形で退陣への道を歩み出した。

なんとも、これでどうなるわけでもなく.. ギリシャの行く手は険しい。。。

文中の「権力に飢えた素人政治家がギリシャをここまで情けない状況に追い込んだ」は、国名を 日本 に置き換えてもピッタリなのが怖い。


「怒りと屈辱に震えるギリシャ国民」 明日の日本人である。

===========================================

怒りと屈辱に震えるギリシャ国民   WSJ 2011年 11月 5日 13:29 JST

【アテネ】ギリシャ国民は政治的指導者の突飛な行動に憤りを感じている。連立政権が近い将来、ギリシャを経済的な苦境から救い出してくれると期待する人はほとんどいない。

           
               スローガンを唱えるギリシャ共産党員

首都アテネでは4日、パパンドレウ内閣に対する信任案をめぐり議会で議論が続くなか、街頭では人々が議員に対する不満の声を上げた。

完全な混乱状態だ。こういった人たち(政治家)は自分たちが何をしているのかわかっていない。欧州で散々痛めつけられたことにただ反応しているだけだ」と38歳の銀行員男性は言う。

政治家が連立政権を真剣に模索するならそれもいいかもしれないが、政治家が「そこまで成熟しているかどうかは疑わしい」とこの男性は語った。

パパンドレウ首相は先月末、欧州連合(EU)がまとめたギリシャ支援策の是非について国民投票を実施する意向を表明した。欧州首脳は怒りの声を上げ、国際資本市場は動揺した。国民投票の実施は見送られたが、多くのギリシャ国民は国際社会で恥をかいたと感じている。

多国籍ケーブル企業でマーケティング・ディレクターを務める46歳のアポストロス・デンドリノスさんは海外出張が多く、ギリシャ人として常に注目されていると語った。デンドリノスさんは外国人の同僚から、ギリシャ救済策が他国の納税者にどれほど多くの負担をかけているかを聞かされると言う。「まるで私のせいであるかのように質問される。権力に飢えた素人政治家がギリシャをここまで情けない状況に追い込んだことについて、恥ずかしくもあるし、腹も立っている。戸惑いもある

ほとんどのギリシャ国民はどんな変化であっても、政治の変化を喜んで受け入れると言う。しかし、議員が自らの利益ではなく、国のために活動すると考える人は少ない。

過激な変革を求める人もいる。タクシー運転手のペトロス・ロリスさんは「政治家の腐敗行為に対する唯一の答えは軍事独裁だ」と語る。62歳のロリスさんは数年間、沿岸警備隊に勤務したことがあるという。

ギリシャでは4年も不況が続いており、流動性が枯渇しつつある。多くの事業主は不況を乗り切るために海外に目を向けなければならない状況に置かれている。

25歳のステファニア・フランジスタさんは自分自身のファッションレーベルを持つデザイナーだ。フランジスタさんは2大政党である全ギリシャ社会主義運動(PASOK)と新民主主義党(ND)のいずれも信じていないと言う。「どちらの指導者も安心感を与えてくれない」

フランジスタさんは顧客からの集金に苦労していて、仕事で一番大変なのはどの顧客が代金を支払ってくれるかわからないことだと語る。フランジスタさんは「私自身も含めてみんなキャッシュフローが厳しくなっている。このせいで不安感が高まっている」と言う。「輸出を当てにできる人はずっと楽。外国の顧客は支払い面で信頼できるし、期限を守るから」

コンサルタントをしている33歳の女性は、危機が悪化し続けていることでギリシャ国民は疲弊していると指摘する。多くの国民はもう自分の稼ぎ以上の生活をすることはできないことを自覚していて、生活を改めているという。

しかし、多大な負債を積み重ねてきた政治家はやり方を変えていないとこの女性は語る。「彼らは自分たちのことしか考えていない」


記者: Stelios Bouras
http://jp.wsj.com/World/Europe/node_337428?mod=WSJFeatures
===========================================

6月に言われていたことだが・・・
世界の一角(ギリシャ)で起きたことは、必ず アメリカにも波及すると。

↓..ここ(ABC NEWS)では、ギリシャの危機が フランスの銀行に飛び火し、
  ユーロを崩し、円に波及してドルを崩壊させるシナリオが紹介されています





ギリシャはもはや正気の沙汰ではなくなってきている... これは一体なんだ?!!


目下アメリカは"OCCUPYオークランド"での抗議が激化...  (11/26/'11)



こんな状態の国から

貿易の完全自由化(TPP)で 一体 何を輸入する気なのだろうか?



              
カテゴリ:World Observation | 06:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 06:14 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/236
トラックバック