<< 2012年9月11日【 9.11同時多発 偽装"自作自演"テロ事件 】から11年... | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
【終わりのはじまり】〜神と悪魔の狭間で 顕在化する自己破壊的な狂気のDANCE〜
<<この記事は書きかけです>>
 
   ==================================
    わかっていたことではあるのですが.. どうも

    避けられない程の世界情勢の大きな潮目

   遂に襲って来たようなので、


    残された時間は "ほんの僅か" でしょうが..

   その【 終 わ り の は じ ま り 】

   当ブログなりに見つめてゆきたいと思います。


   ==================================
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

         国連総会宛てロックフェラー書簡

   --------------------------------------------------------------------------------
                  終末の始まり
   --------------------------------------------------------------------------------

国連総会へのロックフェラーの手紙
re: 新世界秩序、即時的アジェンダ 
From:ロックフェラー・グローバル・コミュニケーションズ
To: GAPresident@un.org
Cc: Rockefeller Global Communications
Sent: Friday, March 22, 2002 2:05 AM
 
国連総会宛
 
 終わりの時が近付いている。いやが応でもそれは私たちすべてが直面せざるを得ない運命なのである。2001年9月11日、世界は終わりの始まりの目撃証人となった。私たちが見そして経験したことは、これから明るみに出て起ころうとする大災害とは比べものにならないであろう。これまでに非常に多くの命が失われてきたにも関わらず、なおいっそう多くの命が今後も奪われることはとても悲しいことである。しかし、この古い事物の体制が崩壊し始めるにつれこれらのことは続いてゆくだろう。今存在している政府もあるいは古代のいかなる政府も完全な支配を維持することはできなかった。全ての政府が失敗し、これからも失敗し続けるであろう。
 
 政府はあなたを保護することはできない。人々が真の意味で自由な場所−隣人が家族のようであり、見知らぬ人が友あるという場所−を与えることはできない。今日のいかなる人間の政府も今後の政府もこれを達成することはできない。それゆえにこのアジェンダが示されたのである。この時は昔からハルマゲドンとして言及されてきた。しかし恐れることはない。これは核兵器によるホロコーストや、天から迷い落ちてきた小惑星によって文明が破壊されることではないだろう。実のところこれは地球そのものが災害によって一掃されるということではない。

 これは仲間の人間に対しての尊敬や優しい思いやりを全く持たない者に及ぶことがらである。次の年にかけて各人は非常に真剣に自身を吟味する必要がある。自分自身にこれらの質問を問いかけるべきだ。:私は仲間に対しての憎しみを乗り越えられるだろうか、もしくは互いの違いをわきに置いて一致して思いやることができるだろうか。彼らに親切に接するだろうか。もしくは引き続き自分に都合のよいように利用するだろうか。私が道端のホームレスに食べ物を差し出し、寝る場所を探す手助けを最後にしたのはいつだろうか。私が最後にショッピングセンターやバスや電車の中で隣に座った人に「こんにちは」とあいさつをしたのはいつだろうか。

 最愛の人を亡くした見知らぬ人に慰めを示したのはいつだったろうか。その人が持っている物や財産のためでなく、ただ単にその人に誠実な関心を抱くゆえに仲良くなったのはいつだったろうか。最後に私が人として真の精神と真心を仲間に示したのはいつだったか。これらの事柄はどれ一つとして容易なことではない。難しいことである。私たちは誰も完全ではない。私たちは誰も良い人生を送ってはいない。中にはある程度苦労して生きてきたゆえに、たとえ誰かを傷つけたとしても得られるものは何でも得る当然の権利があると考える人たちもいる。しかし、そうした否定的な生き方に立ち向かってゆく者達が生き残るのである。そしてそれらの人たちは現段階ではまだ夢に思えるかもしれない地上での命を享受する特権を得るのである。柔和な者のみが地を所有するのである。これは確かである。

 新たな事物の体制が訪れようとしている。ただ、ここで一つの質問が生じる。:あなたはそこにいることを望み選択するだろうか、もしくは自己破壊への道を歩み続けるだろうか。以下のアジェンダは避けられない。そして生き残り新たな事物の体制へとゆくためにはそれを耐え抜かなくてはならない。それゆえよく考えなさい。

それはあなたの未来である。そして皆が良い選択をするように。
 
あなたの兄弟
A・I・ロックフェラーより、
CEO
ロックフェラー・グローバル・コミュニケーション
www.rockefeller.com.au
 
======== 新世界のためのアジェンダ =========
 
1)  中東平和の解決不可能な完全なる崩壊。

2a) 宗教的テロリストによりバチカンとエルサレムは破壊される。

2b) 世界規模による全宗教の崩壊。全ての宗教は禁令にされる。
   家庭外での宗教的活動や宣教は禁じられる。

3)  国際連合一時的な単一政府を設立し、
   後に世界中の平和と安全を宣言するであろう。

4)  新しい単一世界の国民は反乱を起こすであろう。

   英国、中国そしてアメリカ合衆国の政府は
   突然、組織的に崩壊するであろう。

   そしてその他の国々は突如、無政府状態に陥るであろう。

   何十億もの人々が滅びるだろう。
   善人と真理に従ってゆく者達のみが生き残るであろう。

5)  新しい事物の体制は14万4千人の成員からなる政府と
   600万以上の臣民よって支配されるだろう。

6)  新しい世界が作り上げられることによって大規模な清掃作業が行われるであろう。
   生態系は回復されインフラも再構築されるだろう。
   そして病気と疫病は消滅するであろう。
   年をとることは逆戻りし、老化自体がなくなるだろう。
   新しく回復された人類家族が徐々に地球を
   パラダイスのような状態へと変えていくだろう。

 
======== アジェンダの終わり =========

    
ロックフェラー・グローバル・コミュニケーションズ、オーストラリア
 
■ ■ ■ 引用:終末の終わり http://blogs.yahoo.co.jp/jambun_jp2007/3891578.html ■ ■ ■ ■


                            終わりの始まり>>9/13/2012 記す
カテゴリ:終わりのはじまり | 21:11 | comments(16) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 21:11 | - | - | -
コメント
初めてコメントさせていただきます。リーマンブラザーズ日本支社を倒産の一週間前に退職し現在トレーダーとして生業を立てているものです。

すでにご存じかと思いますが、911以前にCIAのエージェントとしてイラク、リビアとの交渉を行っていて、911後に愛国者法により10年間裁判もなしに収監された女性が活動を開始されていますね。彼女が釈放された理由は、彼女の状況を報告するブログが開設されたことが原因だそうです。あきらめずに声を上げ続けることがいかに重要かということでしょうか。

http://www.youtube.com/watch?v=Ioh9jGAk-g8&feature=related

2008年以降、NY連銀は400人のトレーダーを雇用し相場を”押し上げて”来ましたが、NYの金融市場は、ようやく飽和点に達した可能性があります。

とりとめのない投稿となりますが、ご容赦ください。
| 必ず花は咲く | 2012/10/21 7:40 AM |
短いメッセージでも 受け止めて下さった方がおられたようで.. ^^

QE3の∞容認にしても。。
既に常軌を逸した展開へと突き進んでいるようですね。

ご紹介のスーザン・リンダウアー女史とは来日した際に 話し、
直接色々な件を伺いましたが、まったくとんでもない話です!!
http://www5.pf-x.net/~gotama/911/sara/tamatu2.JPG
(↑これは大阪での様子のようですが...)

ブログを また 再開したいと思います...

| neo | 2012/10/22 1:34 PM |
学生時代に広瀬隆さんの赤い盾を読み、金融の世界に飛び込みました。Gで始まるど真ん中の会社です。2社合計で、10年近く働いた結論としては、大した奴はいないということです。原爆や地震テロを起こしても、暴動の一つも怒らない日本の国民が本当に怒れば玉砕覚悟で戦いを挑んでくることを彼らは本当に恐れていると思います。米株および金(ゴールド)の壮大なバブル崩壊は、たった今始まったようです。それでも僕はアメリカと底抜けに陽気なアメリカ人を嫌いになることはできません。要は、今のこの状態が人類が何度も経験してきた過剰な格差拡大による革命前夜であることを肝に銘じることだと思っております。ブログの更新、楽しみにいたしております。
| 必ず花は咲く | 2012/10/23 12:29 AM |
読んでから飛び込んだのですか!!^^;、はは..

これから書く内容は
非常に厳しいものになると思います。
実際、多過ぎて 書き始めれない始末.. 程です。^^;、

ただ、非常にシンプルな打開策も
あるにはある とは思いますが...

さ〜!!、気合い入れて書こ!☆))) ^^/ども
| neo | 2012/10/23 3:10 AM |
ロスチャイルド家が今までで最大のダメージを受けたのは1981年の金の暴落だと読んだことがあります。アフガンでの米ソの直接戦争の扇動が外れたからだと思います。彼らが信奉しているのはユダヤ教などではなく、ピタゴラス学派の流れをくむわけのわからん秘数術のみでしょう。ただ彼らの腕に生えた羽根はすでに太陽に近づきすぎてもうすでに焦げ付いているのではないでしょうか?2012年12月22日10時46分(現地時間)に何かを起こすことは間違いないでしょう。それが成功しようと失敗しようと、滅び去るのは彼らの方だと信じています。
| 必ず花は咲く | 2012/10/23 11:43 AM |
こんばんは!50代主婦です。偶然のネットサーフィンで、you tubeのジェイさんの画像を見つけ、黙っていれなくなりました。あれだけの資料を集められるのは大変だったと思います。コメント入れたのは、you tubeを自分のブログに貼っているのと、記事の転載の許可をお願いしたかったのです。
みんなに見てもらいたいと思います。何かたくらみが裏で動いていることはうすうす思ってましたが、画像ではっきり見てしまいますともう黙っていれなくなります。
ちゃんとノーと言いたい。
あのアメリカ兵士の女性は今、元気に生きているのでしょうか?気になって仕方がありません。
勇気ある命をかけた暴露に感謝し、またジェイさんが、はっきりわかる形で、発表してくれていることに感謝します。
職業と言うか、趣味と言うか「占い師」なんですが、結局は主婦なんです。
家族を守ってずっと幸せに生きて生きたいです。
ワクチンはもう受けない。ちゃんと様々なことを考えて、しっかり見て生きたいです。ジェイさんありがとうございます。
| TAMAKO | 2012/10/26 11:08 PM |
ゲゲッ!!、長文コメ反映されずに消えちゃった><;
| neo | 2012/10/30 11:55 AM |
動いた.. けど2件消えた><;

ども^^;、お返事遅れました..

>>必ず花は咲く さん
あ〜、ソ連のNWOにおける立ち位置とか
けっこう書いたんですが、、消えちゃいました^^;

結論としては... 私の分析では。。。
米ソの直接対決は、連中の基本シナリオ上にはなかった のではないかと。
つなぎとして..ソ連は あくまで立派に「お化け役」であったと思われます。

>>TAMAKO さん
情報の拡散ありがとうございます!
このブログは転載フリー(が基本)なので よろしくお願い致します☆)))

本当にとんでもない事が世界中で 間違いなく(!)進行しており、
日本は、完全にそのターゲットとしてロック・オンされているのに
ちょっと信じられません。。。これから書きます。

でも、まじで ゴツい話ですよ))) ...^^;、


| neo | 2012/10/30 12:18 PM |
ご返信、ありがとうございます。

年末まで何も起こらずに済む可能性は非常に低いと考えていますが、時間が限られているだけに、ご存じのことをできるだけ教えていただければ幸いです。たとえその警告が外れたとしても、それは全く問題はないと思います。このサイトを見ている方は、おそらくみなさんジェイさんの講演の様子を見たうえでたどり着いていらっしゃる方ばかりだと思いますので、どうぞ忌憚なき発言をお願いいたします。

金融に携わっているものとしては、これからさらなる円高、円以外の通貨に対するドル高、あらゆるリスクアセット(金を含む)の下落(いわゆるデフレ型の暴落)の可能性が排除できないと思っています。

彼らの計画もすべてが予定通りではないように見受けられますので、希望を持って日々の生活を過ごしていこうと思っています。

よろしくお願いします。
| 必ず花は咲く | 2012/10/30 3:03 PM |
ジェイさん、ありがとうございます。安心しました。すごくたくさん画像アップしたし、これからも紹介してしまいそうだったので、良かったです。宜しくお願いします。
| TAMAKO | 2012/10/30 9:43 PM |
神と悪魔の狭間で...様


はじめまして!
突然のご連絡、申し訳ございません。
株式会社ウェスポーランドの小畠と申します。


弊社サイトと神と悪魔の狭間で...様のサイトの相性が合いそうだったので
広告掲載のお願いでご連絡させていただきました^^


私どもの会社では、婚活支援サイトを運営しております。
※出会い系サイトやワンクリックサイトではありません!><

本日、ご連絡させていただいたのは【男の恋活応援サイト】の
メール講座について読者を募集しており、
広告掲載をご相談させて頂きたいと考えたためです。

また、弊社は神と悪魔の狭間で...様のサイト以外にも、現在200社弱程度のサイト様と
月極広告契約や年間契約を結んでおり、700社以上の広告契約の実績がございます。


弊社は世にあるような「騙し」や「適当な」講座を行う会社ではございません。
ナンパテクニック等の制作しておりますが「中身のある」商品です。


広告掲載の件、ご相談可能かメールにてご連絡いただけますでしょうか?


ご返信いただく際にはお手数ながら運営されている
サイト名
サイトURL
を表記の上、ご返信下さいませ。
サイト名・URLのみの返信でもかまいません。


料金算出の際に必要なため
直近1か月のアクセス解析のキャプチャ画像も
お送りいただければと思います。

もし解析が無い場合はご相談下さい。


他に運営しているサイトがございましたら
併せてご紹介いただければ幸いでございます。


前向きにご検討いただけますようお願いいたします。
それでは今後ともよろしくお願いいたします。

marketing@wespoland.jp
株式会社ウェスポーランド 小畠
| ウェスポーランド 小畠 | 2012/12/17 3:12 PM |
一度深夜のファミレスでいろいろ教えて頂いた者です。

ジェイさん、お元気でしょうか?

日中開戦、台中開戦がやはり近いのでしょうか?
| ユンべ | 2012/12/18 8:31 PM |
あーーーっ、やっと気が付きました!!
ここに書けばよかったんだ!..><;、

ブログ、書きたいのですが、どうやってみてもログインできません。。。

紹介したい記事とか毎日山ほど見てるんですが...

最新ではキッシンジャーがダボス会議で核戦争の予言(?号令?)とか、
オバマが、警察首脳部の選別ラインに「国民に引き金を引けるか?」と言い出した件とか。。。^^;

あと、、

ブログでちゃんと紹介したかったのですが、
『現在開発中の発電機』の近況報告とか。。。こちらでどうぞ!!w ><;
http://www.youtube.com/user/cybervisionz/videos?flow=grid&view=0
| neo | 2013/01/27 1:07 PM |
当ブログ『神と悪魔の狭間で...』の読者の方へ。。。

ブログ更新したいのですが、
現在、何故か?私まったくログイン出来ない状態が続いております。

そこで、只今youtube上で 現在開発中の
”Over-Unity型の発電機”の仕組み等を紹介始めてみました。

ここで言う ”Over-Unity型発電機”とは、
出力が入力を超えた..外部からのエネルギー補給を必要としない
自立型の発電機のことで、一家に一台は最低ありたい品物ですwww

今回紹介しているのは、その仕組みが覗けるように
透明のアクリルで作ってあり、コイル等のセッティングも
シンプルな数字であることに特化した実験用発電システムです。

実験用とは言いますが、、、

システムの回転部分=発電システム・コア= "K-ONE-DYNAMO" は
とんでもない力持ちです★...↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.youtube.com/watch?v=7d8BvQTxNKA
http://www.youtube.com/watch?v=111RpGgRWqw

是非!!お立ち寄りください!!!!♪

| NEO | 2013/02/07 8:00 AM |
勿論正義は嬉しいですよ。
無論善意は最高ですよ。
当然善人は魅力的ですよ。
寧ろ良心は最強ですよ。
| 不動遊星 | 2013/02/25 11:48 PM |
seesaaブログにメッセージありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いいたします。
ところがメッセージへの返信の仕方がわからなくて、記事でエピさんへのお返事を書いてしまいました。
申し訳ないです。時間見つけて返信の仕方を調べます。
このコメント欄にも、新ブログのURLを是非、書き込みくださいませ〜!
| TAMAKO | 2013/05/13 11:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/251
トラックバック