<< 【拡散希望】4/29(月) ジェイ・エピセンター講演会のお知らせ【拡散希望】 | main | 【拡散希望】6/30(日) ジェイ・エピセンター講演会のお知らせ【拡散希望】 >>
【拡散希望】5/25(土) ジェイ・エピセンター講演会のお知らせ【拡散希望】
前回(4/29)のNWV勉強会も定員を超える大盛況で終えることが出来ました。ありがとうございました。

イスラエル・ネタニヤフ首相が再選を果たし中東にさらなる混乱が予測される中、サウジタンカーへの攻撃が強行され、対イラン戦争の緊張が一気に高まりましたが、この攻撃は イラン国内の反政府テロ組織による「偽旗作戦」として事前に警告されていました...

MSM(メイン・ストリーム・メディア)のニュースでは理解の難しい中東情勢の裏側とNEXTステージに突入したNWO(新世界秩序)の深相を、台頭するシオニズム国家イスラエルの果たす役割を中心に、真相論の立場から読み解く勉強会の第4弾!!

喫緊の中東情勢分析とともに、前回では触れれなかった5G & I.o.tの脅威について『今 そこにある危機!!』と題し、現在進行中の計画や電磁波兵器等の実態を 映像を交え分析します。キーワードは.. イスラエルが推し進める電脳支配計画「タルピオット」とは何か? です。

非常に重要な分析を含んでいますので、ご関心のある方は 是非足をお運びください!!

★ 参加予約は..↓ ↓ ↓ こちらから出来るようになってます。(こくちーずプロ)
https://www.kokuchpro.com/event/e6875207954ac973c3b26fbfe1babaf3/



==========================

日 時:2019年5月25日 (土) 16:30~18:30

場 所:ONE DAY OFFICE TOKYO 〜代々木〜
    東京都渋谷区代々木 1-38-7 川本ビル3F 会議室III

交 通:JR代々木駅西口 /
    都営大江戸線 A1・A2出口から徒歩30秒

参加費:メール事前予約:2,500円
    当日:3,000円
    学生:1,500円 (要学生証)

定 員:35名 + 若干名(イスあり)

NEW WORLD VISION 勉強会Vol.20にご出席希望の方は
↓ ↓ ↓ ..こちらから参加予約出来るようになってます。
https://www.kokuchpro.com/event/e6875207954ac973c3b26fbfe1babaf3/ (こくちーずプロ)

==========================

宜しくお願い致します!! )))
カテゴリ:World Observation | 10:51 | comments(1) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 10:51 | - | - | -
コメント
何時も貴重な情報をありがとうございます。
youtubeで見させてもらっています。
下記は、私のコメントと尊敬する高橋巖先生のシュタイナーの訳書です。
宜しければご覧んください。



聖書の外典・偽典に見る如く、現代の科学技術は、神の
啓示を得ないで堕天使達が人間どもに漏らしたもの。だから
悪用・誤用ばかりです。方やモーゼ イエス シュタイナーと
続く霊統は、シュタイナーが第三の神の啓示!神は善良な人
達を見捨ててはおかない。高橋巖先生の講義が楽しみです。
格が違う。天地雲泥の差。


『魂のこよみ』

NO.1
太陽が 宇宙の彼方から
感覚に語りかけると
視ることの喜びが 魂の奥底から湧き上がり
陽光と ひとつになる。
その想いが 自分のからだから
遠く空間の果てにまで流れ
暗く不確かに
人間の本質は 霊なのだと感じ始める。
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)

NO.2
思想の力が 果てしない
外なる感覚世界の中に
自分を見失うとき、
霊界が 人間の萌芽を ふたたび見つけ出す。
人間の萌芽は
おのれの種を 霊界の中に見つけ出し、
そして おのれの魂の実を
みずからの中に
実らせねばならない
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)


3
自分自身を忘れ
しかも 自分の根源を忘れることなく
人間の成長する自我が
宇宙万象に 語りかける。
「個我の呪縛から私を
解放するお前の中でこそ
私は みずからの真実を きわめたい。」
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)
*「お前」聖霊か天使か?


4
「私は 自分であることの本質を 感じる。」
そう語る感情は
陽光の明るい世界の中で
光の流れと ひとつになる。
そして 思考の明るさに熱を贈り
人間と世界を
かたく ひとつに 結びつけようとする。
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)


5
光は 霊の深みから現れ
空間の中で 実り豊かに働きながら
神々の創造行為を 明らかにする。
その光の中で 魂の本質は
宇宙存在にまで拡りつつ
狭い みずからの内なる強制を脱して
今 新たに蘇ろうとする。
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)


6
自分の内部から
私自身がよみがえった。
そして みずからが時間と空間の働きの中で
宇宙を開示するものとなった。
宇宙が いたるところで
みずからの姿の真実を
神的原像を
私に 現している。
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)


7
私みずからは、
宇宙の光に魅了されて
身を隠そうとしている。
だから予感よ 現れよ。
そして 予感の仮象の中で
自分を失いかけている
思考の代わりに 力強く働け。
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)


8
感覚の力が 勢いを増す。
神々の創造行為に助けられて
その力が 私の思考の力を 夢のくらい作業に引き下げる。
神的な存在が
私の魂に結びつ公とするとき
人間的な思考は 夢の中に
安んじて 身を委ねる
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)


9
私の我意を忘れさせるほどに
夏のおとずれを知らせる 宇宙の熱が
私の霊魂を 充す
霊視が 私に
自分を光に委ねよ と命じる
予感が 力をこめて 私に告げる
「おのれを見出すために
おのれを すてなさい。」
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)


10
夏空の高みへ
輝く太陽が昇り
私の個人的な感情を
果てしない空間の彼方へ連れ去る。
心の内部に予感が目覚め
暗い感情が 私に語りかける。
「ある神的存在が 今
お前を感じとったことを、
いつかかならず 知るであろう。」
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)●


11
この強い日ざしの中で
叡智の知らせを 受けなさい。
宇宙の美に帰依しつつ
お前の中に お前を感じながら 生きなさい。
そうすれば 人間自我が 自分を見失っても
宇宙自我の中に 自分を見つけ出すことができる。
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)●


12
万象の美しい輝きが
私の魂の奥底に生きる 神々の力を
宇宙の彼方へ解き放つ。
自分自身から離れ
ただ ひたすらに
宇宙の光と 熱の中に 自分自身を探し求める。
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)●


13
こうして 私が感覚の高みにいると
魂の奥底にひそむ 霊火の領界から
神々の真言が 燃え上がるーー
「予感しつつ 例
| 詩人の血 藤井 邦彦 | 2019/07/06 12:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/267
トラックバック