<< 【拡散希望】5/25(土) ジェイ・エピセンター講演会のお知らせ【拡散希望】 | main | 【拡散希望】7/31(水) ジェイ・エピセンター講演会のお知らせ【拡散希望】 >>
【拡散希望】6/30(日) ジェイ・エピセンター講演会のお知らせ【拡散希望】
前回(5/25)のNWV勉強会も定員を超える大盛況で終えることが出来ました。ありがとうございました。

何者かにより(今度は日本)タンカーへの攻撃が再度強行され、イランによる米無人機の撃墜事件の勃発を受けアメリカ対イラン戦争への緊張が一気に高まりましたが、タンカーへの攻撃は イラン国内の反政府テロ組織による「偽旗作戦」として事前に警告されており、その後の米無人機の撃墜事件へのエスカレーションも何者かによって描かれたシナリオであることが明らかになってきました...

MSM(メイン・ストリーム・メディア)のニュースでは理解の難しい中東情勢の裏側とNEXTステージに突入したNWO(新世界秩序)の深相を、台頭するシオニズム国家イスラエルの果たす役割を中心に、真相論の立場から読み解く勉強会の第5弾!!

アメリカvsイランで にわかに高まりを見せる喫緊の中東情勢分析とともに、前回では触れれなかった5G & I.o.t (AI.o.t)の脅威について『今 そこにある危機!!』と題し、現在進行中の計画や電磁波兵器等の実態・目の前に迫った電脳社会構築の実相を 映像を交え分析します。キーワードは.. イスラエルが推し進める電脳支配計画「タルピオット」とは何か? です。

非常に重要な分析を含んでいますので、ご関心のある方は 是非足をお運びください!!

★ 参加予約は..↓ ↓ ↓ こちらから出来るようになってます。(こくちーずプロ)
https://www.kokuchpro.com/event/365e52d7ac2ca7015a906366f89bfc40/



==========================

日 時:2019年6月30日 (日) 17:30~19:30

場 所:ONE DAY OFFICE TOKYO 〜代々木〜
    東京都渋谷区代々木 1-38-7 川本ビル3F 会議室III

交 通:JR代々木駅西口 /
    都営大江戸線 A1・A2出口から徒歩30秒

参加費:メール事前予約:2,500円
    当日:3,000円
    学生:1,500円 (要学生証)

定 員:35名 + 若干名(イスあり)

NEW WORLD VISION 勉強会Vol.20にご出席希望の方は
↓ ↓ ↓ ..こちらから参加予約出来るようになってます。(こくちーずプロ)
https://www.kokuchpro.com/event/365e52d7ac2ca7015a906366f89bfc40/

==========================

宜しくお願い致します!! )))


また、ジェイ・エピセンターの新刊が
ヒカルランドから来月7月上旬には刊行予定
です。

タイトルは..
『人類の未来は 家畜ロボットで いいのか?!!』となりました。

内容は、最近の勉強会でも扱われてきた
一帯一路と大イスラエル計画を取り巻く中東情勢、
N.W.O(新世界秩序)とグローバル・サイバーグリッドの問題、
その背後で暗躍するイスラエル・タルピオットプログラムetc..

講演会で使われたスライド写真も豊富に配置されており、
勉強会のおさらいにはぴったりの内容になっていると思います。

まずは、出来たてのカバー写真を添付しておきます。



こちらも合わせて 宜しくお願い致します。
カテゴリ:World Observation | 13:09 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 13:09 | - | - | -
コメント
カワセミの狩の如くにこの本をアマゾンで買う
| 詩人の血 藤井邦彦 | 2019/07/09 12:20 AM |
人類の流れはすでに今、二つに分かれています。一つの
流れは美的なもの、道徳的なものへ移行し、他は恐ろしい
もの、悪しきものへ移行してしまいます。こういう二つの
状態が今すでに始まっています。
そしてこんにち、世界中の機械、道具のすべて、活動して
いる機械のすべては、木星期になると、恐ろしい悪の力に
なるでしょう。
効用原則だけに仕えているすべては、いつかそういう恐ろしい
諸権力にまで強化されるでしょう。私たちが物質的な目的のため
に作られた装置を、美的、神的な目的のために作り変えるなら、
悪に関わるすべてを無化することができます。
『シュタイナーの瞑想法』(1908年1月26日)高橋巖訳
*先ずはご報告まで。
*木星期とは、星の進化の過程。土星期、太陽期、月期、地球期、木星期、金星期…とシュタイナーの歴史観。
| 詩人の血 藤井邦彦 | 2019/07/13 4:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/268
トラックバック