<< 911事件の実行犯はイスラエルではないのか?!!〜クリストファー・ボリン氏〜 | main | ドローン攻撃で サウジの石油施設激しく炎上 (9/14/2019) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
TIME OF THE END...


                 〜 そして、終わりのはじまり.. 〜
  
            国連総会宛てロックフェラー書簡

   --------------------------------------------------------------------------------
                  終末の始まり
   --------------------------------------------------------------------------------

国連総会へのロックフェラーの手紙
re: 新世界秩序、即時的アジェンダ 
From:ロックフェラー・グローバル・コミュニケーションズ
To: GAPresident@un.org
Cc: Rockefeller Global Communications
Sent: Friday, March 22, 2002 2:05 AM
 
国連総会宛
 
終わりの時が近付いている。いやが応でもそれは私たちすべてが直面せざるを得ない運命なのである。2001年9月11日、世界は終わりの始まりの目撃証人となった。私たちが見そして経験したことは、これから明るみに出て起ころうとする大災害とは比べものにならないであろう。これまでに非常に多くの命が失われてきたにも関わらず、なおいっそう多くの命が今後も奪われることはとても悲しいことである。しかし、この古い事物の体制が崩壊し始めるにつれこれらのことは続いてゆくだろう。今存在している政府もあるいは古代のいかなる政府も完全な支配を維持することはできなかった。全ての政府が失敗し、これからも失敗し続けるであろう。
 
政府はあなたを保護することはできない。人々が真の意味で自由な場所−隣人が家族のようであり、見知らぬ人が友あるという場所−を与えることはできない。今日のいかなる人間の政府も今後の政府もこれを達成することはできない。それゆえにこのアジェンダが示されたのである。この時は昔からハルマゲドンとして言及されてきた。しかし恐れることはない。これは核兵器によるホロコーストや、天から迷い落ちてきた小惑星によって文明が破壊されることではないだろう。実のところこれは地球そのものが災害によって一掃されるということではない。

これは仲間の人間に対しての尊敬や優しい思いやりを全く持たない者に及ぶことがらである。次の年にかけて各人は非常に真剣に自身を吟味する必要がある。自分自身にこれらの質問を問いかけるべきだ。:私は仲間に対しての憎しみを乗り越えられるだろうか、もしくは互いの違いをわきに置いて一致して思いやることができるだろうか。彼らに親切に接するだろうか。もしくは引き続き自分に都合のよいように利用するだろうか。私が道端のホームレスに食べ物を差し出し、寝る場所を探す手助けを最後にしたのはいつだろうか。私が最後にショッピングセンターやバスや電車の中で隣に座った人に「こんにちは」とあいさつをしたのはいつだろうか。

最愛の人を亡くした見知らぬ人に慰めを示したのはいつだったろうか。その人が持っている物や財産のためでなく、ただ単にその人に誠実な関心を抱くゆえに仲良くなったのはいつだったろうか。最後に私が人として真の精神と真心を仲間に示したのはいつだったか。これらの事柄はどれ一つとして容易なことではない。難しいことである。私たちは誰も完全ではない。私たちは誰も良い人生を送ってはいない。中にはある程度苦労して生きてきたゆえに、たとえ誰かを傷つけたとしても得られるものは何でも得る当然の権利があると考える人たちもいる。しかし、そうした否定的な生き方に立ち向かってゆく者達が生き残るのである。そしてそれらの人たちは現段階ではまだ夢に思えるかもしれない地上での命を享受する特権を得るのである。柔和な者のみが地を所有するのである。これは確かである。

新たな事物の体制が訪れようとしている。ただ、ここで一つの質問が生じる。:あなたはそこにいることを望み選択するだろうか、もしくは自己破壊への道を歩み続けるだろうか。以下のアジェンダは避けられない。そして生き残り新たな事物の体制へとゆくためにはそれを耐え抜かなくてはならない。それゆえよく考えなさい。

それはあなたの未来である。そして皆が良い選択をするように。

 
あなたの兄弟
A・I・ロックフェラーより、
CEO
ロックフェラー・グローバル・コミュニケーション
www.rockefeller.com.au
 
======== 新世界のためのアジェンダ =========
 
1)  中東平和の解決不可能な完全なる崩壊。

2a) 宗教的テロリストによりバチカンとエルサレムは破壊される。

2b) 世界規模による全宗教の崩壊。全ての宗教は禁令にされる。
   家庭外での宗教的活動や宣教は禁じられる。

3)  国際連合は一時的な単一政府を設立し、
   後に世界中の平和と安全を宣言するであろう。

4)  新しい単一世界の国民は反乱を起こすであろう。

   英国、中国そしてアメリカ合衆国の政府は
   突然、組織的に崩壊するであろう。

   そしてその他の国々は突如、無政府状態に陥るであろう。

   何十億もの人々が滅びるだろう。
   善人と真理に従ってゆく者達のみが生き残るであろう。

5)  新しい事物の体制は14万4千人の成員からなる政府と
   600万以上の臣民よって支配されるだろう。

6)  新しい世界が作り上げられることによって大規模な清掃作業が行われるであろう。
   生態系は回復されインフラも再構築されるだろう。
   そして病気と疫病は消滅するであろう。
   年をとることは逆戻りし、老化自体がなくなるだろう。
   新しく回復された人類家族が徐々に地球を
   パラダイスのような状態へと変えていくだろう。
 
======== アジェンダの終わり =========

    
ロックフェラー・グローバル・コミュニケーションズ、オーストラリア 



                 
                     〜 AIN'T NO JOKE 〜


                              ...Anger and Sadness, tragic!!
カテゴリ:終わりのはじまり | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 09:13 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック