<< 数トン(4トン?!!)のコカインを乗せたCIA行きの飛行機が墜落! | main | 水で走る自動車 >>
水を燃やす画期的なHHO燃焼システム
出典:新科学と健康と雑学『水を燃やす画期的なHHO燃焼システム』
水を特殊な方法で油に混合し燃焼させることにより、大幅な省エネ効果が得られるHHO燃焼システムをトークが実用化している。

HHO燃焼システムとは
超密度対応ミキシングポンプを独自に開発し、さらに水素を励起させ、構造性を変えた水(krt励起水)を油に混合し、ラジカル燃焼させることにより、1600℃の炎温度において、一部の励起水(H2O)を水素原子(2H)と酸素(O)に分離して、これらを燃焼に参加させることにより、100%以上の燃焼効率が得られるという。
水蒸気は1500℃で水素と酸素に吸熱しながら分解をはじめる。2300kcalで1.8%分解し4300kcalで水蒸気の大部分は分解を終え、さらなる温度上昇において水素と酸素のイオン化が促進される。

kurata式HHO燃焼システムは、従来分解に不可欠とされた高熱エネルギーを必要とせず、1600℃以下において励起水蒸気を(高温気相下において)水素と酸素に分解可能とする研究に1975年に着手し、1999年3月に、東出雲実験場において超音波と電磁パルス及び金属触媒・分解酵素を使用し、一部の水蒸気を水素と酸素に分解、再燃焼することに成功した。

HHO燃焼システムによる省エネ効果
実用システムでは、30〜50%の水を混合した燃料を燃焼させることができる。実験では、水75%の混合燃料の燃焼に成功している。しかも、発熱量は油100%の場合とほとんど変わらない。現在、30%以上の省エネ効果が得られている。将来、水90%の混合燃料も夢ではないという。

環境にやさしいHHO燃焼システム
油の消費量を減らすことができるので、二酸化炭素、窒素化合物、硫黄化合物などの排出を減らすことができ、環境にやさしい燃焼システムである。

フリーエネルギー効果
HHO燃焼システムは、100%以上の燃焼効率が得られているので、一種のフリーエネルギー装置といえる。電磁パルスにより、フリーエネルギーが流入している可能性がある。水で走る自動車も、水をパルス電流で電気分解することにより超効率で水素と酸素を得ている。

HHO燃焼システム
カテゴリ:未 来 | 03:16 | comments(0) | trackbacks(1) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 03:16 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/37
トラックバック
【フリーエネルギー】の情報を最新ブログで検索してみると…
フリーエネルギー に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
| マッシュアップサーチラボ | 2007/12/22 4:40 AM |