<< 水を燃やす画期的なHHO燃焼システム | main | 未来を切り開く『 水 エネルギー 』- HHO GAS - >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
水で走る自動車
出典:新科学と健康と雑学『水で走る自動車』
アメリカのスタンレー・メイヤーオーストラリアのユル・ブラウンは、
水で走る自動車を別々に開発している。

水からエネルギーを得る方法
水を電気分解し、水素と酸素を発生させ、その混合ガスで自動車のエンジンを動かしている。ただ普通に電気分解しただけでは、入力した電気エネルギー以上のエネルギーを得ることはできない。直流をパルス状にして電気分解を行うことにより、非常に少ない電力で電気分解することができるらしい。(電流をパルス状にすることにより空間からエネルギーが流入しているのではないだろうか。空間エネルギーと共振させるため適切な周波数があると思われる。)

水で走る自動車の開発



スタンレー・メイヤーは、実際に水で走る自動車を開発し走らせている。
watercar

ユル・ブラウンも同じように水を電気分解して水素と酸素を発生させ、ガソリン車のエンジンを少し改造して実際に走らせている。1リットルの水から2000リットルのブラウンガス(水素と酸素の混合ガス)を発生させ、350〜400km走行できたという。



↑..自分の腕をHHO GASバーナーで自ら灼いて
HHO GASバーナーの外科手術への応用を示唆しているユル・ブラウン博士。
ご立派です。確かに HHO GASバーナーは燃料ですから 体にも優しいのは納得。
しかし、外科手術はやはりレーザー技術に任せたい。 ..^^;

(「地球文明の超革命」深野一幸著 廣済堂)
地球文明の超革命
宇宙エネルギーが世界を変える
著者:深野一幸
出版社:廣済堂出版
本体価格:800円
カテゴリ:未 来 | 03:29 | comments(1) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 03:29 | - | - | -
コメント

いつまでも何かを待ってるだけで未来は変わらんだろjk。今のままの人生に満足してるのか?

ちょっとは行動してみる気、ある?
QOL(Quality of Life)上げたいなら試してみれば
http://71ew5wj.nippon.charitie.info/71ew5wj/
| MATO | 2011/04/01 5:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/38
トラックバック