<< 「KKK」の創始者アルバート・パイクが残した世界大戦の計画書 | main | 「埋もれた警鐘」旧ユーゴ劣化ウラン弾被災地をゆく (VIDEO 24:04) >>
【基礎からわかる「核問題」】核爆弾2万7000発の分布は?
nuke

核問題を専門とする米国の民間研究組織「天然資源防衛会議」の推計によると、核爆弾の数は、1986年に国連安保理5常任理事国合計で約7万発に達したのをピークに、冷戦終結後の米露核軍縮の流れを受けて減少を続け、現在は約2万7000発。国別では、米国が約1万発、ロシア約1万6000発と群を抜く。安保理常任理事国以外はインドとパキスタン(いずれもNPT非加盟)が保有し、核保有を肯定も否定もしていないイスラエルは、60〜80発とみられる。

北朝鮮については、核爆弾5個〜15個分のプルトニウムを抽出済みとの見方を示している。このうちどれだけの量を、起爆装置を取り付けた核爆弾の形にしているかは不明だ。

核開発の歴史は、第2次世界大戦末期の45年7月、米国が実施した世界初の核実験から始まった。4年後の49年には、ソ連が核実験を成功させた。英国、フランスが続き、中国が64年に初の核実験を成功させたことで、安保理常任理事国5か国すべてが核兵器を保有することになった。

米ソが核軍拡を競った冷戦中の74年、インドが初の核実験を実施。冷戦終結後の98年には、インド、パキスタンが相次いで核実験を行った。イスラエルも秘密裏に核開発を進めたとされており、事実上の核保有国は8か国とされる。

この間、南アフリカ、ブラジル、アルゼンチン、リビアが地域・国際情勢の変化などを受けて核開発計画を断念している。

http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe7000/fe_ki20061021_03.htm


カテゴリ:核兵器 | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 17:51 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/5
トラックバック