<< 通貨発行権を握った国際銀行家の巨大な詐術と戦争と世界政府 | main | 「日本病」の正体 〜政治家・石井紘基の見た風景 >>
安全性確保されぬまま本格稼働直前!! 六ヶ所村使用済み核燃料再処理工場
   ■ 六ヶ所村使用済み核燃料再処理工場 by 報道ステーション
   


   ■ 原発(核燃料再処理)問題を考える
   http://cybervisionz.jugem.jp/?cid=7


   ■ 原発の危険性
   

   ※一応反論も載せておく
   http://www.engy-sqr.com/watashinoiken/iken_htm/ogasawara_tokyogenpatu.htm

   ただ、以下のレポートが原発事業の実態であるといえそうだ。

   ■ 武本和幸講演01
   

   ■ 武本和幸講演02
   
カテゴリ:環 境 | 08:36 | comments(3) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 08:36 | - | - | -
コメント
上野動物園のパンダの代わりを中国からという話がテレビ・新聞を賑わせている。
胡錦涛主席来日の際、パンダと一緒に来日すれば、これ以上の友好関係アピールはないと思うが、。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00131808.html

パンダと言えばらんま1/2の90年頃の曲、CoCo 【EQUALロマンス】という曲の詩は、日航ジャンボ123便的で大変興味深かった。1985年8月12日に日航ジャンボ123便は上野村に落下した。

「そうふたりは、こんなちかくにいても、みえないバリヤ、じゃましているのはなぜ、なみだあふれそう」
これは、123便搭乗中に三国峠の先、空峠付近で中性子爆弾を被弾した際に中性子線で焼きついた乗客の霊魂はそばにいるのに体のみ一瞬にして消散してしまった123便前部乗客は近くにいるにもかかわらず、我々には見えないため123便乗客が涙あふれそうということである。

「でもあなたは、そっとこいをそらすの、いまたいせつにおもってくれるのなら、だきしめてほしい」
これは、三国峠先、空峠付近で123便が中性子爆弾を被弾した際に体のみが消失してしまって霊魂のみさまよっている123便乗客がさびしがっており、みなさんに慰霊に訪れてほしいと言うことを示している。
http://www.asyura2.com/08/lunchbreak10/msg/662.html
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/
http://ja8119.iza.ne.jp/blog/
| 123 | 2008/05/03 10:13 PM |
講演会、お疲れさまでした。先ほど、豊橋に戻りました。

なかなか、豊橋あたりですと、今日(昨日)のような、会合を通じての情報交換は難しいです。

また、次回も時間の都合が付けば、参加させていただきます。

身近な、友人にも伝えていきやすい内容を伝えていきます。

10000人の賛同者が、早く集まるようになるといいですね。

今日はありがとうございました。     


とても、興味深い内容がいっぱいのブログですので、またゆっくり訪問させていただきます☆
| mutu | 2008/05/05 12:18 AM |
どうも、お疲れさま。無事につきましたか ^^
あべさんの講演会(活動)はうわついていないのでいいですね。

ブログは右上のカテゴリーでテーマごとに読むと分りやすいと思います。
本当はもっと書きたい内容がいっぱいあるのですが、記事が流れてしまうと
書き渋っているうちに たまりにたまってしまっています。

各記事の読み解き(つながり)は『点と線』の方でやりたいと思っているのですが
それもまだままなりません。まっ、徐々に進めてゆきますね。 ^^;

これからもよろしくお願い致します。

| NEO | 2008/05/05 8:14 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cybervisionz.jugem.jp/trackback/74
トラックバック