スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
遂に 10月1日より 米陸軍実戦部隊を アメリカ国内の治安維持活動を理由に配備!!
アメリカの金融崩壊が進む中、遂に10月1日より 米陸軍実戦部隊が
アメリカ国内の治安維持活動を理由に配備されることとなった!!


と 独立系メディア『Democracy Now!』のエイミー・グッドマンが伝えている。
これは、今年3月13日 米連邦議会下院で開かれた『秘密会議』で協議された内容と符号している。

  

今回配備されるのは、州兵ではなく イラク戦争で実戦配備されてきた米陸軍実動部隊である。

また、現在 いわゆる"南北戦争"後の1878年 米国議会により可決された 有名な
アメリカ軍が自国民を攻撃することを禁止する“POSSE COMITATUS法”
ポセ・コミテイタス法
-The Posse Comitatus Act- (民兵法・民警団法)は、
1999年の「防衛委任令 (Defense Authorization Act)」および
2007年3月のブッシュ政権による法案可決によって骨抜きにされている。


 ======================================
UP DATE-1

▼ 暴動鎮圧の準備をする米軍    2008年9月30日   田中 宇

米政府は、反政府暴動が起きると予測しているらしく、10月1日から、米陸軍の実働部隊を米本土に駐留させることにした。150年前の南北戦争以来、米軍(州兵以外の連邦政府軍)は実働部隊を米本土に配備することを法律(Posse Comitatus Act)で禁じられており、今回は「テロ対策」を名目に、例外として禁を破った。名目はテロ対策だが、駐留部隊は、敵を殺さずに抑制する技能や、道路封鎖など、米国民が起こすかもしれない暴動を鎮圧するための訓練をすると、国防総省傘下の「アーミータイムス」が報じた。(関連記事その1その2

駐留期間はとりあえず1年だが、その後も恒久的に延長される見込みだ。今後、金融危機が不況と財政難、貧困増へと波及し、米国民の怒りが拡大して爆発するころには、来年1月からの米次期政権になっている。もしオバマが大統領になったら、史上初の黒人大統領が、150年ぶりに米軍を米国内で戦闘させて黒人暴動を鎮圧し、オバマは黒人から裏切り者と非難される事態になりかねない。

米国民の潜在的な怒りは高まっているが、今のところ反政府暴動がすぐに起きそうな兆候はない。それなのに米政府は、早々と米軍の暴動鎮圧部隊を配備する。やたら手回しがよく、自作自演的だ。まるで、貧困層の怒りを高めると知りつつ銀行救済を挙行し、財政破綻を予測しつつ財政支出を拡大して、究極の軍事費拡大としての国内反政府暴動の発生を扇動しつつ、暴動鎮圧の米軍部隊を訓練しておくという隠された戦略があるかのようだ。

米政府は、以前からこのパターンの策略を展開してきた。2005年にハリケーン「カトリーナ」が米南部を破壊した時、浸水して混乱するニューオリンズで略奪や暴動が起きているという誇張報道が流され、誇張情報に基づいて米政府は軍隊を派遣し、有事を理由にホワイトハウスが州知事から権限を剥奪した。派遣された米軍は、貧困層の市民の怒りを扇動する言動を繰り返した。同時に米政府は、詳細を決めずに「ハリケーン復興予算」として前代未聞の2000億ドルの支出を計上した。だが、ハリケーンと全く関係ない分野に財政の大盤振る舞いをした挙句、カトリーナから2年がすぎても、被災地はろくに復興しなかった。(関連記事その1その2

「有事」が誇張され、暴動が扇動されて、禁制のはずの米国内への軍隊駐留が挙行され、同時に無関係な分野にまで財政の大盤振る舞いが行われる。このパターンは、今回と、05年のカトリーナ、それから01年の911事件後の事態にも共通している。911後、イスラム教徒だというだけで無実の米市民が当局に拘束されて怒りを扇動される一方、テロ対策の名目で財政の無駄遣いが続けられた。
(関連記事その1その2

> 抜粋・引用: 米経済の崩壊、世界の多極化 http://tanakanews.com/080930multipolar.htm

 ======================================


詳細を伝える国防総省傘下のArmyTimesの記事は下記の通り..



Brigade homeland tours start Oct. 1

3rd Infantry’s 1st BCT trains for a new dwell-time mission. Helping ‘people at home’ may become a permanent part of the active Army

By Gina Cavallaro - Staff writer   Posted : Monday Sep 8, 2008 6:15:06 EDT

The 3rd Infantry Division’s 1st Brigade Combat Team has spent 35 of the last 60 months in Iraq patrolling in full battle rattle, helping restore essential services and escorting supply convoys.

Now they’re training for the same mission ― with a twist ― at home.

Beginning Oct. 1 for 12 months, the 1st BCT will be under the day-to-day control of U.S. Army North, the Army service component of Northern Command, as an on-call federal response force for natural or manmade emergencies and disasters, including terrorist attacks.

It is not the first time an active-duty unit has been tapped to help at home. In August 2005, for example, when Hurricane Katrina unleashed hell in Mississippi and Louisiana, several active-duty units were pulled from various posts and mobilized to those areas.

But this new mission marks the first time an active unit has been given a dedicated assignment to NorthCom, a joint command established in 2002 to provide command and control for federal homeland defense efforts and coordinate defense support of civil authorities.

After 1st BCT finishes its dwell-time mission, expectations are that another, as yet unnamed, active-duty brigade will take over and that the mission will be a permanent one.

“Right now, the response force requirement will be an enduring mission. How the [Defense Department] chooses to source that and whether or not they continue to assign them to NorthCom, that could change in the future,” said Army Col. Louis Vogler, chief of NorthCom future operations. “Now, the plan is to assign a force every year.”

The command is at Peterson Air Force Base in Colorado Springs, Colo., but the soldiers with 1st BCT, who returned in April after 15 months in Iraq, will operate out of their home post at Fort Stewart, Ga., where they’ll be able to go to school, spend time with their families and train for their new homeland mission as well as the counterinsurgency mission in the war zones.

Stop-loss will not be in effect, so soldiers will be able to leave the Army or move to new assignments during the mission, and the operational tempo will be variable.

Don’t look for any extra time off, though. The at-home mission does not take the place of scheduled combat-zone deployments and will take place during the so-called dwell time a unit gets to reset and regenerate after a deployment.

The 1st of the 3rd is still scheduled to deploy to either Iraq or Afghanistan in early 2010, which means the soldiers will have been home a minimum of 20 months by the time they ship out.

In the meantime, they’ll learn new skills, use some of the ones they acquired in the war zone and more than likely will not be shot at while doing any of it.

They may be called upon to help with civil unrest and crowd control or to deal with potentially horrific scenarios such as massive poisoning and chaos in response to a chemical, biological, radiological, nuclear or high-yield explosive, or CBRNE, attack.

Training for homeland scenarios has already begun at Fort Stewart and includes specialty tasks such as knowing how to use the “jaws of life” to extract a person from a mangled vehicle; extra medical training for a CBRNE incident; and working with U.S. Forestry Service experts on how to go in with chainsaws and cut and clear trees to clear a road or area.

The 1st BCT’s soldiers also will learn how to use “the first ever nonlethal package that the Army has fielded,” 1st BCT commander Col. Roger Cloutier said, referring to crowd and traffic control equipment and nonlethal weapons designed to subdue unruly or dangerous individuals without killing them.

“It’s a new modular package of nonlethal capabilities that they’re fielding. They’ve been using pieces of it in Iraq, but this is the first time that these modules were consolidated and this package fielded, and because of this mission we’re undertaking we were the first to get it.”

The package includes equipment to stand up a hasty road block; spike strips for slowing, stopping or controlling traffic; shields and batons; and, beanbag bullets.

“I was the first guy in the brigade to get Tasered,” said Cloutier, describing the experience as “your worst muscle cramp ever ― times 10 throughout your whole body.

“I’m not a small guy, I weigh 230 pounds ... it put me on my knees in seconds.”

The brigade will not change its name, but the force will be known for the next year as a CBRNE Consequence Management Response Force, or CCMRF (pronounced “sea-smurf”).

“I can’t think of a more noble mission than this,” said Cloutier, who took command in July. “We’ve been all over the world during this time of conflict, but now our mission is to take care of citizens at home ... and depending on where an event occurred, you’re going home to take care of your home town, your loved ones.”

While soldiers’ combat training is applicable, he said, some nuances don’t apply.

“If we go in, we’re going in to help American citizens on American soil, to save lives, provide critical life support, help clear debris, restore normalcy and support whatever local agencies need us to do, so it’s kind of a different role,” said Cloutier, who, as the division operations officer on the last rotation, learned of the homeland mission a few months ago while they were still in Iraq.

Some brigade elements will be on call around the clock, during which time they’ll do their regular marksmanship, gunnery and other deployment training. That’s because the unit will continue to train and reset for the next deployment, even as it serves in its CCMRF mission.

Should personnel be needed at an earthquake in California, for example, all or part of the brigade could be scrambled there, depending on the extent of the need and the specialties involved.

OTHER BRANCHES INCLUDED
The active Army’s new dwell-time mission is part of a NorthCom and DOD response package.

Active-duty soldiers will be part of a force that includes elements from other military branches and dedicated National Guard Weapons of Mass Destruction-Civil Support Teams.

A final mission rehearsal exercise is scheduled for mid-September at Fort Stewart and will be run by Joint Task Force Civil Support, a unit based out of Fort Monroe, Va., that will coordinate and evaluate the interservice event.

In addition to 1st BCT, other Army units will take part in the two-week training exercise, including elements of the 1st Medical Brigade out of Fort Hood, Texas, and the 82nd Combat Aviation Brigade from Fort Bragg, N.C.

There also will be Air Force engineer and medical units, the Marine Corps Chemical, Biological Initial Reaction Force, a Navy weather team and members of the Defense Logistics Agency and the Defense Threat Reduction Agency.

One of the things Vogler said they’ll be looking at is communications capabilities between the services.

“It is a concern, and we’re trying to check that and one of the ways we do that is by having these sorts of exercises. Leading up to this, we are going to rehearse and set up some of the communications systems to make sure we have interoperability,” he said.

“I don’t know what America’s overall plan is ― I just know that 24 hours a day, seven days a week, there are soldiers, sailors, airmen and Marines that are standing by to come and help if they’re called,” Cloutier said. “It makes me feel good as an American to know that my country has dedicated a force to come in and help the people at home.”

http://www.armytimes.com/news/2008/09/army_homeland_090708w/

===

簡単に内容をまとめますと、来月10月1日から、陸軍がアメリカ国内に待機して治安維持活動のようなことを始める、というものです。

ところが面白いのは州兵じゃなくて、なんと現役バリバリの陸軍部隊が専門的に配属される、という部分ですね。ハリケーン被害の救済の時には現役も多少はかり出されたらしいですが、腰を据えて現役が配属されるのは史上初めてのことだそうです。

>引用:『地政学を英国で学ぶ』http://geopoli.exblog.jp/9583382/
 
カテゴリ:ドル崩壊 | 11:28 | comments(4) | trackbacks(0) | -
ドル崩壊への序章:「預金は守られる、国民は深呼吸を」米大統領、安心呼びかけ
アメリカでドル崩壊への第一波を臭わせるニュースが連続しているようなので載せておく。


「預金は守られる、国民は深呼吸を」 米大統領、安心呼びかけ

「国民は深呼吸して、預金が政府によって守られていることを分かってほしい」。ブッシュ米大統領は15日の記者会見で「商業銀行に預金しているなら10万ドル(約1050万円)まで保証されている」などと述べ、自ら預金保険制度を説明しながら国民に安心するよう呼びかけた。
 
大統領が預金の保護に詳しく言及したのは、カリフォルニア州を拠点とする米地銀インディマック・バンコープの破綻を受け、預金の引き出しに並ぶ長い列の映像や写真が全米で報じられているため。「心配しないで」と大統領が声高に訴えなければならないところに、米国の金融システムの動揺が浮かぶ。
 
(ワシントン=藤井一明) (12:03)   --- 7/16

Nikkei>> http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080716AT2M1600L16072008.html

サブプライム融資を手がけていたカントリーワイドから分離して出来た、インディーマックという金融機関が倒産し、アメリカでもいよいよ去年のイギリスのノーザン・ロックでのような、取り付け騒ぎが起きている。似たような問題銀行が500近くあるという。いよいよ状況は1929年から1933年にかけてのアメリカに近づいてきた。

http://amesei.exblog.jp/8291472/

破綻の米住宅金融大手、預金引き出しに数百人の列
 
破綻したカリフォルニア州拠点の住宅金融大手インディマック・バンコープは週明けの14日、窓口業務を再開した。各店舗は説明を求めたり、預金を引き出したりする顧客であふれた。

    
 
11日に金融当局から破綻宣告を受けて以来初の営業日となったこの日、ロサンゼルス郊外の本店には早朝から高齢者を中心とする顧客が詰めかけ、一時、建物の周りに数百人の列ができた。10万ドル(約1060万円)以上の預金は基本的には法的保護の対象外とあって、一様に不安な表情。ある女性はテレビ局の取材に「保護された預金に金利が支払われるのかどうか知りたい」と語った。
 
同社の資産額は320億ドル。中所得層向けの住宅ローンを得意としていたが、住宅市場のバブル崩壊で融資の焦げ付きが急増していた。今後は、管財人となった米連邦預金保険公社が受け皿機関を探す。

(ロサンゼルス=猪瀬聖)(10:22)   --- 7/15

Nikkei Net>> http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080715AT2M1500K15072008.html


     ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇ 


空売り規制強化へ 米SEC金融株急落に緊急命令

米証券取引委員会は15日、金融株を対象にした空売り規制を一時的に強化する緊急命令を発表した。米政府系住宅金融2社や大手金融機関の株価急落が続いており、SECは規制強化で相場操縦や不当な取引の監視を強め、パニック売りなど市場の混乱を防ぐ。
 
30日間の暫定措置で、対象は連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸し付け抵当公社(フレディマック)のほか、シティグループ、メリルリンチ、リーマン・ブラザーズなど大手金融19銘柄。ニューヨーク証券取引所に上場するみずほフィナンシャル・グループも含まれている。
 
空売りは、保有しない株式について株券を借りるなどして売りつける手法で相場下落局面で利益を得る。今回は、株券を借りずに行う「裸の空売り」で、今後は株券の受け渡しが必要となる。SECのコック委員長は、この種の空売りが株価操縦やパニック売りにつながり「金融機関の安定性に重大な脅威となる」と指摘。上場株式全体を強化することも検討する。

          

空売りは風説の流布と結びついて特定株価を不当に急落させる。3月に資金繰り難で破綻(はたん)寸前に陥った米証券大手ベアー・スターンズの株価急落でも疑惑が指摘され、SECが調査を続けている。
 
最近では、政府系住宅金融2社の株価が先週だけで50%も下落。先週末には住宅金融大手が破綻し、金融株全体に売りが集中。ダウ工業株30種平均の終値は15日2年ぶりの安値となった。SECは議会の圧力も受け、市場監視を強める。
 
空売り規制強化は、日本でも証券や銀行破綻が相次いだ後の1998年に旧大蔵省が導入。SECは長年、直近価格よりも低い価格での空売りを禁じる規制を導入してきたが、2007年に廃止。今回の強化は、急激な下げ圧力を弱める効果が期待される半面、一部投資家からは、空売りを株安のスケーブゴートにした「不当な規制強化」との指摘も上る。

【ワシントン=渡辺浩生】      --- 7/16 18:53

Sankei>> http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080716/fnc0807161853015-n2.htm


     ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇ 


米金融不安、地銀に波及 株価軒並み大幅安

米株式市場で地銀、貯蓄組合など地域金融機関の経営不安が広がっている。カリフォルニア州の地銀、インディマック・バンコープが先週末、破綻したのをきっかけに地銀株は14日、軒並み大幅安となった。米政府は米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)など政府系住宅公社の支援を表明し金融危機回避の姿勢を打ち出したが、地銀の経営悪化が米金融システム動揺の火種として残る可能性もある。
 
14日の米株式市場では米連邦預金保険公社(FDIC)がインディマックに業務停止を命じ、管理下に置いたのを受けて、他にも破綻する地銀が出るとのうわさが飛び交い、売り圧力が高まった。オハイオ州の地銀ナショナル・シティの株価は一時3ドルを下回り24年ぶりの安値を付けた。貯蓄組合最大手ワシントン・ミューチュアルは過去最大の下げ率を記録し、3ドル台前半で取引を終えた。(07:03)

【ニューヨーク=発田真人】    ---7/15

Nikkei Net>> http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080716AT2M1501D15072008.html


カテゴリ:ドル崩壊 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(1) | -
我々が生きている時代で最も深刻な金融危機がやって来る?!! ジョージ・ソロスが断言
サブプライム問題で一気に表面化したアメリカ経済崩壊の足音。
どう取り繕おうと それは確実に世界経済を巻き込み 大恐慌以来の大混乱を引き起こす。
一見沈静化したかに見えるサブプライム問題はその序の口で、本格的な世界経済の崩壊はこれからだ。
大恐慌の際に倒産した銀行は16,000行に及ぶと言われるが、大恐慌も今回の米経済の崩壊も計画的に仕組まれた【人災】である。

アジア通貨危機を起こした張本人の一人と言われる国際金融家ジョージ・ソロスの今回の発言は計画の実行を早める方向に働くだけである。

FRBが救済に動き出せば 新たなドル投入で、相対的なドルの価値が下がり、ドル安に拍車がかかるばかりか、政府系機関自身が巨額の不良債権を抱えることとなり、米国債の格付け自体 いつまでもAAAでいられるワケもない。

参照:真理のある民主主義をめざす経済社会論 http://ameblo.jp/moneynosinri/


米GSEの経営危機、今回が最後とはならず=ソロス氏    

[ニューヨーク 14日 ロイター]         2008年 07月 15日 09:22 JST

著名投資家のジョージ・ソロス氏は14日、ロイターとの電話インタビューに応じ、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)(FNM.N: 株価, 企業情報, レポート)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)(FRE.N: 株価, 企業情報, レポート)など政府系住宅金融機関(GSE)の経営危機について、これが最後にはならないと指摘

  

その上で、深刻化する信用危機は、すでに低迷している米経済に影響を与えるとの認識を示した。

米財務省はGSEの信用枠を現行の25億5000万ドルから引き上げるほか、必要に応じ出資する方針を決めた。連邦準備理事会(FRB)も公定歩合での窓口貸出を認める。

ソロス氏は「ファニーメイとフレディマックは流動性の危機ではなく、経営破たんの危機に直面している」と指摘。「両社の借り入れは問題ない。事実、問題がある場合FRBが流動性を供給する」と述べた。

とは言うものの、両社は「極端なレバレッジをきかしている。住宅市場の悪化、住宅差し押さえなどで資本金を上回る損失が出ている」と述べた。

さらに「これは非常に深刻な金融危機であり、我々が生きている時代では最も深刻な金融危機である」と述べた。

その上で「これが実体経済に影響を与えることは不可避だ。影響を与えずにこの種の危機をやり過ごせると考えるのは無駄」と述べた。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-32741120080715


ソロスは今年1月にもロイターに「第2次大戦以後最悪の金融危機」について述べている。
世界は第2次大戦以後最悪の金融危機に直面=ソロス氏

[ウィーン 22日 ロイター]           2008年 01月 22日 10:48 JST   

著名投資家ジョージ・ソロス氏は、オーストリア国内紙とのインタビューで世界は第2次大戦以後最悪の金融危機に直面しており、米国はリセッション(景気後退)入りする可能性があるとの見解を示した。

ソロス氏は「状況は第2次大戦終結以後どの経済危機よりも深刻だ」と述べた。

過去数年政治は「市場原理主義」のようなものに起因する、ある種の基本的な誤解によって行われてきたと指摘し、「これは間違った思想であり、われわれは実際に現在、深刻な金融危機に直面している」と述べた。

米国はリセッションに向かっているかとの質問には「その通り。米国には脅威となっている」と述べた。
また、リセッションは欧州にとっても脅威である点があまり理解されていないことは意外との認識を示した。

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPnTK808558820080122

     ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇  


サブプライム 米、公的資金注入も 住宅金融2社を支援

【ワシントン=渡辺浩生】                 2008年7月15日(火)08:15

米政府と連邦準備制度理事会(FRB)は13日、低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)問題の影響で株価が暴落している米政府系住宅金融会社の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)に対する緊急支援声明を発表した。米政府が融資枠拡大や、公的資金注入による資本増強を検討、FRBも資金繰りを全面支援する。
 
ファニーメイとフレディマックは民間の住宅ローンを買い取ったり、保証したりしており、両社が発行する債券は世界の投資家が保有している。もし経営危機に陥れば国際的な金融危機に発展しかねない。米政府と金融当局は連携して、金融危機回避の姿勢を明確に打ち出した。

サブプライムローンの大量焦げ付き問題に端を発した金融市場の混乱をめぐり、米政府・FRBが個別金融機関の支援に乗り出すのは、今年3月の証券大手ベアー・スターンズへの特別融資実施以来、2例目となる。金融混乱の長期化は不可避で、米経済だけでなく世界経済への悪影響が深刻化しそうだ。

両社は米住宅ローン残高の半分程度に当たる5兆ドル(約530兆円)規模のローンに関与しており、住宅価格の下落や融資の焦げ付き急増で資産が劣化。損失処理に資本不足との見方が広がり、株式の売りが殺到し、両社の株価は昨年のピーク時から80%下落、過去16年で最低水準に落ち込んだ。

米財務省とFRBは週末を返上して救済策を検討。東京などアジア株式市場の取引が始まる直前に発表された。ポールソン財務長官は声明で、両社の経営再建は「金融システムと市場の安定と信認の維持に不可欠」と述べた。ホワイトハウスも「両社は現在の形態で役割を引き続き負うことが重要」とし、国有化に否定的な見解を示した。

両社は、ニューヨーク証券取引所に上場する民間企業だが、政府の住宅政策で重要な役割を担っている。
 
産経新聞>>http://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/m20080715013.html?C=S


     ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇ 


ここに カーネギーメロン大学博士で オウム事件において脱洗脳論を展開した苫米地英人氏の分析がある。世界情勢に精通した的確な視点を提供しているようなので載せておく。


ファニーメイとフレディマックの本当の役割は、BIS逃れと日本の銀行潰し

ファニーメイとフレディマック、増資能力めぐり株・債券が急落
UPDATE2: 米政府、ファニーメイとフレディマックを政府管理下に置くことを検討=NYタイムズ

   

連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の株価と債権の下落が米国証券市場では大きなニュースになっている。もちろん、サブプライム問題のあおりだが、サブプライム問題のカラクリをおそらく日本どころか世界でもいち早く明かした、著書『洗脳支配』の出版以来、いろいろな有識者にヒアリングしてきたが、これらの機関がどういう役割を果たしてきたかの本当の役割を理解している人は経済学者でも少ないようである。

これらの機関は簡単にいうと、一方で日本の銀行を潰し、もう一方では、アメリカを中心とした国際金融資本をボロ儲けさせるための重要な役割を果たしてきた機関である。すでに日本の銀行もほぼ欧米資本傘下に収まった現在、これらの機関の役割も終了したと言っていいのだろう。

全ての因果の因は、BIS規制にある。BIS規制(バーゼルI)と新BIS規制(バーゼルII)については、『洗脳支配』に書いた。銀行の貸出残高に対する自己資本比率を一定に維持せよというのがBIS規制の中心である。もちろん、これを当時の政権並びに大蔵省が邦銀に厳しく果たし、バブルの崩壊と、興長銀、都銀がどんどん、合併を繰り返し、また外資化していくという最大の要因となったことは周知の通りである。また、現在でも、BISを満たすために、不動産会社への融資の貸しはがしが続いているという事実もある。数か月前には知り合いの大手不動産会社が貸しはがしにより倒産した。

BIS規制は貸付金のみならず、短期取引の株式保有もリスク要因として自己資本を一定額積まなければならないが、バーゼルI においては、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)を通した不動産証券化(いわゆるREIT)金融商品は意図的に融資残高から外されたのである。つまり、不動産融資を直接銀行が住宅ローンとして貸し付けると、BIS規制の対象になるが、そのローンをファニーメイやフレディマックを通じて証券化するとBISの対象外になるのである。実際、シティバンクはこれを利用して10兆円の融資枠をファニーメイに当時設定している。

つまり、ファニーメイやフレディマックの役割は、米国の巨大銀行のBIS規制逃れであったのである。これはFRB主導のもとで行われた施策である。当時、日本の大蔵省が同じように、住宅金融公庫などの政府系金融機関を経由した不動産証券化金融商品を、米国と同様にBIS適用外として政策を決定していれば、日本の銀行はつぶれたり、合併を繰り返したり、その結果外資化しないでも済んだのである。米国の巨大金融資本は事実上BISの対象外にされ、日本の銀行だけに厳しいBISが果たされたのだから、国際金融市場の競争で邦銀が勝てるわけがなかった。

日本のバブル経済も、邦銀にも同じ施策をしていれば、現在ぐらいまで続いた可能性さえあるのである。当時の政権政党は本当に頭が悪くて、米国巨大銀行のBIS逃れを気がつかなかったのか、分かっていて、日本の銀行と日本人の貯金を外資に渡すために、わざわざ、額面通りのBIS適用を日本の銀行に強いたかのどちらかである。不動産の証券化を政府機関を通して行う以外にも、たとえば年金基金でむだな施設をつくる代わりに特別会計から、一時的に資本の部に国が各銀行に資金を積むという方法だってあった。それどころか、東京銀行以外の銀行は国際決済をせずにBIS規制対象とするのは、東京銀行だけで、その他の銀行は国際決済を東京銀行に委託するというだけでもよかったのである。当時の政権はあえて日本の銀行潰しを選択したとしか思えないのである。もちろん、それらの判断を下した官僚や政治家が現在でも日本の金融政策の中心にいるというのも言うまでもない。

ところで、日本の国債さえも、逆ザヤリスクから新BIS規制(バーゼルII)では、リスク要因として自己資本を積めという現況では、REIT商品は政府機関を通じても今後は、BIS規制対象になることは間違いないので、もはやこの手法は適用不能である。つまり、ファニーメイやフレディマックの役割は終了したのである。もちろん、いまさら日本の政権や財務省が真似しようとしても既に遅い。

とにかく、日本の政府は、あまりにファイナンスについて知識と経験がなさすぎる。現在はファイナンスの知識と能力が国そのものの行く末を決めるのである。また、知識があるのは、日本を外資に渡す人ばかりという事実もある。

ドクター苫米地ブログ>>http://www.tomabechi.jp/archives/50695696.html
カテゴリ:ドル崩壊 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(2) | -
NY株:急落 〜 忍び寄るドル崩壊への序章 〜
NY株:急落、394ドル安 1年3カ月ぶりの下げ幅

【ワシントン斉藤信宏】6日のニューヨーク株式市場は、米景気の先行きに対する懸念が再燃したことなどを受けて急落、ダウ工業株30種平均は一時、前日終値比412.39ドル安の1万2192.06ドルまで値を下げた。終値でも同394.64ドル安の1万2209.81ドルと、昨年2月末以来、約1年3カ月ぶりの下げ幅を記録。3月19日以来、約2カ月半ぶりの安値で取引を終えた。ハイテク銘柄主体のナスダック総合指数も大幅反落、終値は同75.38ポイント安の2474.56だった。

米失業率の大幅悪化に加え、原油高が個人消費や企業業績に悪影響を及ぼすとの懸念が広がり、幅広い銘柄で売り注文が膨らんだ。

また、ニューヨーク外国為替市場では、米株価の急落を受けて円買いドル売りが進み、午後5時時点の円相場は、前日比1円03銭円高・ドル安の1ドル=104円86〜96銭で大方の取引を終えた。米景気の後退懸念から株価が下がり、ドル売りと原油高の要因になるという悪循環が続き、米市場は終日大荒れとなった。

毎日新聞 2008年6月7日 11時30分
http://mainichi.jp/life/money/news/20080607k0000e020037000c.html



米雇用統計:失業率が大幅悪化 NY株300ドル安

【ワシントン斉藤信宏】米労働省は6日、5月の雇用統計(速報値)を発表した。失業率は5.5%と4月の5.0%から大幅悪化し、04年10月以来3年7カ月ぶりの高い失業率となった。前月比で0.5ポイントも悪化したのは、86年2月以来約22年ぶり。景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数も、前月比で4万9000人減と4月の2万8000人減から拡大、4年11カ月ぶりに5カ月連続のマイナスとなった。

米景気の後退局面入りの恐れが再び強まり、4月以降、比較的落ち着いていた金融市場に再び悲観論が台頭する可能性も出てきた。

雇用統計は、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題に伴う住宅市況の低迷や、大手金融機関のリストラが、雇用に深刻な影響を与えていることを裏付けた。国内総生産(GDP)の約7割を占める個人消費への悪影響が懸念される。

失業率の大幅悪化を受けて、同日のニューヨーク株式市場は急落、ダウ工業株30種平均は、一時、前日終値比300ドル近く下げた。正午現在は、同260.54ドル安の1万2343.91ドルで取引されている。

また、ドルが円やユーロなど主要通貨に対し大幅安となったほか、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場も急伸。指標である米国産標準油種(WTI)の7月渡しは一時、前日終値比6ドル超も値を上げ、1バレル=134ドル台まで上昇、5月21日につけた史上最高値(135.09ドル)に迫った。

毎日新聞 2008年6月7日 1時10分
http://mainichi.jp/life/money/news/20080607k0000m020186000c.html

====================================

NY原油:一時140ドル目前 終値でも10ドル超上昇

     原油価格推移
     NY原油(WTI)価格の推移

【ワシントン斉藤信宏】6日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は、円やユーロなど主要通貨に対してドルが大幅に売り込まれたことなどを受けて急伸、指標である米国産標準油種(WTI)の7月渡しは一時、前日終値比11.33ドル高の1バレル=139.12ドルと140ドルの大台目前まで上昇し、5月21日以来約2週間ぶりに史上最高値を更新した。終値でも同10.75ドル高の138.54ドルと、終値ベースの最高値を更新。1日の値上がり幅として史上最大を記録し、5、6日のわずか2日間で16.24ドル(約13.3%)上昇という前例のない高騰となった。

原油価格は今年1月に100ドルの大台を突破した後、ほぼ一本調子での上昇が続いており、既に年明けから4割超も上昇している。

6日に急騰したきっかけは、5月の米失業率の大幅悪化だった。失業率が一気に0.5ポイント悪化して5.5%となったことで、米景気の後退懸念が再燃してドル売りが加速。ドル建てで取引されている米原油市場など商品市場に割安感が広がり、金融市場から投機資金が大量に流入した。また、米国では穀物価格も軒並み急騰し、トウモロコシは1ブッシェル=6.5075ドルをつけて史上最高値を更新した。

イスラエル軍元参謀総長のモファズ運輸相が、地元紙に対し「イランの核計画を止めるためには攻撃は避けられない」と発言したことで、イランの核開発を巡る緊張が高まり、原油価格を押し上げた。さらに、米証券大手モルガン・スタンレーが「7月初めまでに原油価格が150ドルに達する可能性がある」との見通しを公表。騰勢に拍車をかけた。

原油高騰はガソリンや燃料価格の上昇を通じて個人消費や企業業績を圧迫する。米景気の後退懸念が強まる中での原油高は、世界経済に深刻な影響を及ぼす恐れがある。

  ◇ 急速に進む「金融市場化」

【ワシントン斉藤信宏】原油価格の高騰に歯止めがかからない。5、6日のわずか2日間で、指標の米国産標準油種(WTI)は16.24ドル(約13.3%)も上昇し、6日には値上がり幅が10ドルを超えるという空前の事態に発展。1バレル=139.12ドルをつけて史上最高値を更新し、140ドル台目前まで値を上げた。米株価はダウ平均が今年最大の下げ幅を記録するなど、6日の米国市場は大荒れとなった。

原油高騰の背景には、世界的な金余りがある。原油高騰で現金収入の急増した産油国や成長率の高い新興国の中間層、1500兆円の金融資産を抱えて運用先に窮した日本の個人投資家など、世界中の投資資金が商品市場に流れ込み「本来の需給とはかけ離れた高値水準」(米エネルギー省)での取引が続いている。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物市場の規模は、4年で約2.5倍に膨らみ、08年2月末には約1500億ドル(15兆7500億円)規模にまで成長した。既に先物は原油の現物取引をはるかに上回り「原油市場の金融市場化が急速に進んでいる」(米シティグループの商品先物アナリスト、ティム・エバンス氏)というのが実態だ。

原油高騰の影響は日本を含め世界各地に広がっている。さらなるガソリン価格の上昇のほか、電力料金や航空運賃などにも波及する恐れがある。石油を原料に使うプラスチック製品や包装材の値上がりで食品価格全般への影響も懸念されており、製品価格に輸送費などを転嫁できない企業にとっては業績悪化にもつながる。

ただ、現状では市場への資金流入を止める手立ては見当たらず、市場の熱狂を前に打つ手を見いだせない状態が続いている。8日には青森市で主要8カ国(G8)などのエネルギー相会合が開かれるが、危機感の共有を超えた対策を打ち出せるかは未知数だ。

毎日新聞 2008年6月7日 10時47分(最終更新 6月7日 12時27分)
http://mainichi.jp/life/money/news/20080607k0000e020020000c.html
カテゴリ:ドル崩壊 | 05:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ドル崩壊への序章:ルーブルを主要通貨の一つに… ロシア・メドベージェフ氏
今後 経済のブロック化(=基軸通貨多極化)が加速するとみられる世界情勢。
その一角を担うであろうロシアでプーチンが後継指名したメドベージェフ第1副首相が
07年6月プーチンが「ルーブルを世界通貨(基軸通貨)にする!」と宣言した流れを受けて
ロシアの通貨ルーブルを将来、世界の主要通貨の一つにする目標を表明した。

            メドベージェフ
15日、クラスノヤルスクで選挙公約を発表するロシア大統領選の有力候補者のメドベージェフ第1副首相

アメリカ経済(バブル)の崩壊(産業の空洞化・借金体質の浸透)、ドル増刷による貨幣価値の低下、
利率引き下げによる流動資本のドル離れ、米国債の格付け降下、エネルギー資源支払いのドル離れ..

ドル崩壊へのシナリオは着実にその駒を進めている。
■ ロシア:ルーブルを主要通貨の一つに… メドベージェフ氏 【モスクワ杉尾直哉】

ロシアのメドベージェフ第1副首相は15日、3月2日の大統領選に当選した場合の経済政策について演説し、ロシアの通貨ルーブルを将来、世界の主要通貨の一つにする目標を表明した。この実現のため、ロシアが輸出する天然ガスなどエネルギー資源の支払いをルーブル建てとする必要性を訴えた。

タス通信によると、メドベージェフ氏はさらに、ルーブルだけで決済される資源の取引所設置も提案。「現在、金融の世界では、(米ドル中心の)準備通貨の見直しが行われている。この機にルーブルを地域的な準備通貨の一つにし、ロシアを世界経済の中心地にするというプーチン大統領の長期的目標を実現すべきだ」と意欲を見せた。

毎日新聞 2008年2月15日 23時55分
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20080216k0000m030161000c.html

     メドベージェフ&PTN
■ メドベージェフ氏が選挙公約 自由経済、司法独立を重視

【モスクワ15日共同】3月のロシア大統領選で、プーチン大統領の後継指名を受けた有力候補メドベージェフ第1副首相は15日、クラスノヤルスクで経済分野などの選挙公約を発表、国家関与を減らした自由経済や司法の独立を重視するなどリベラル色を鮮明にした。
 
また、資源輸出企業には自国通貨ルーブル建ての取引を促し、ルーブルを基軸通貨の1つに押し上げるべきだと主張した。最強の基軸通貨としての米ドルの地位が揺らぎ始めたことを念頭に、エネルギー輸出を武器にルーブルの浸透を図る戦略を明確にした。
 
「自国産業を外国に流出させてはならない」と強調、輸出関連の税負担を軽減し、資源開発や石油化学などの設備投資を促進する考えを示した。
 
ロシアは各産業分野を束ねる国営企業の設立の動きが目立っているが、こうした企業で政府高官が多く役員を務めているのはふさわしくないとし、独立した経営陣に代えるべきだと主張した。
 
司法制度については行政・立法機関から「真に独立」すべきだとし、マスコミの独立も守る必要があると述べた。

(ロイター=共同)
http://www.kanaloco.jp/kyodo/news/20080215010006551.html

■ ロシアの次期大統領メドベージェフ「ルーブル基軸通貨化」を宣言。
 それはつまり「ドル体制崩壊」に動くということ
 http://www.asyura2.com/08/wara1/msg/238.html

=======================================

また、イランは2月17日、一昨年あたりから構想されつつ何度も延期されてきた、
石油製品取引所を、ペルシャ湾岸のキシュ島に開設した。この取引所の目的は、
ドル以外の通貨で石油製品を取引することであるという。実際、ユーロでの決済を望んでいる。
http://ap.google.com/article/ALeqM5g6bgNRB1QOjRkOWoj3A619ANqDXAD8US9F8O0
■ イラン、石油関連製品の取引所開設  【ドバイ=加賀谷和樹】 2008.2.18 -NIKKEI NET-

イランは17日、同国南部の経済特区、キシュ島に初めての石油製品や石油化学製品の取引所を開設した。当面は現物取引だが、来年以降は原油も取り扱い、先物取引にも乗り出す方針だ。世界有数の産油国として石油関連製品の取引の透明化を進め、国際価格の形成に影響を与える狙いだ。
 
この取引所には石油関連製品を扱うイラン内外の約100社が事務所を構える。同日には石化製品のポリエチレンなどが取引された。イランのノザリ石油相は取引所を設立した目的を「取引の透明化と競争力向上、国際市場への参入」と指摘。これまで不透明だったイラン国内での石油関連製品の取引を改善、外国企業の参加によって価格を国際水準にあわせ、競争力を高める考えを示した。
 
イランは2月、1979年の革命後では最高の日量418万4000バレルの原油生産を記録。さらに3月中旬までに同420万バレルに増やす計画。石化製品の生産量も年2000万トンに増やし、付加価値の高い石油関連製品の輸出を増やす方針だ。

(11:39)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080218AT2M1701T18022008.html

=======================================

■ 世界はドルの買い増しに消極的=ジョージ・ソロス氏  2008年 01月 24日 07:28 JST

著名投資家のジョージ・ソロス氏は23日、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、
世界的にドル離れが進んでいるとの認識を示した。

           ジョージ・ソロス  
 
 同氏は「金融市場には保安官が必要だ。世界はドルを買い増すことに消極的だ」と発言。
現在の危機は、ドルを国際通貨とする時代の終えんを意味する。ワシントン・コンセンサスでは
 なく、新しい保安官(?!!)が必要だ」と述べた。

[ダボス(スイス) 23日 ロイター] 
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-29932020080123?rpc=112

=======================================
  ↑ソロスさん、それとなく.. "世界統一政府" 指向なのがバレバレです。
   ( 注:勿論、"正義の実現"は必要です。ただ.. )
 
カテゴリ:ドル崩壊 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ドル崩壊への序章:米国国債格下げ
世界を襲う深刻な経済問題に対し たいした成果もなかったG7だったが、
格付け機関ムーディーズは米国債を格下げ方向で検討し始めているという。
ドル崩壊の足音は確実に近づいてきているといえる。もはや 世界的混乱は免れないだろう。
米国国債格下げ

格付け機関ムーディーズは米国債を格下げ方向で検討し始めている。関係者の話によれば今回のサブプライム債の格付けにおいて発行者からかなりきつい要請がありAAAを取得できたという。2月1日のCNBCのテレビで格付け機関の専門家によりその経緯が説明された。

格付け会社と発行者の馴れ合いの関係はかなり大きな社会問題となり、国際金融を混乱に導くにちがいない。30年ほど前まで格付け機関は投資家からフィーをもらっていた。しかし、その後、債券発行者からフィーをもらうコンフリクト・オブ・イントレスト(利害の対立)の中で仕事をしていた。思えば変な話である。国や会社から要請され、その意に沿った格付けを行い、お金をもらっていたというのだから…。

偽装、偽造、粉飾は中国や日本の大企業のお家芸と信じていたが、米国までか?ふーむ、これは各組織のエリートの習性なのかもしれない。格付けを信じた投資家達へのお詫びなのか、各格付け機関が自らの格下げを検討しているという。格付け機関の言う格付けをあまり信じないで?そんな馬鹿な話となる。企業のCFOが当社の数字を信じないでと言っているようなものである。


さて2002年5月31日、ムーディーズが日本国債の格下げを発表した。円建て国債を2段下げA2になるや大変な騒ぎになった。ボツワナより下の格、南アフリカと同じとは?国内は蜂の巣をつつく大騒ぎ。当時、日本国債の90%以上が日本人の投資家によるもので国際的な混乱はなかった。さて、米国債は中国、日本、インド、サウジなどの巨大投資家がかなりたくさん抱えている。2002年2月に日本国債の格下げ検討をワァーニングし3ヵ月後に実際に格下げを発表した。

   ムーディーズ

今年の1月中旬の米国債の格下げ検討の話はジョークではなく数ヶ月で実施されることになる。米国債は世界中の投資家、特に機関投資家にもたれている。その混乱と動揺は株式、債券市場を津波のように襲い金融の混乱に拍車がかかる。あと3ヶ月余の時間に何が出来るのか。だから如何に行動するのか考え、学びたい。

http://blog.ushinomiya.co.jp/economics/2008/02/post_110.html#more

■ 株式会社ジパング
http://www.jipangu.co.jp/
※ドルが吹き飛んで一番無難なのは やはり "金" (ペーパーゴールドは不可)なんでしょうなぁ。 ..^^;
カテゴリ:ドル崩壊 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
<< | 2/2PAGES |